おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

ゲームをプレイすると仮想通貨が手に入る時代が来るかも

ご存知かもしれませんが、私はかなりゲームが好きで、ほぼ毎日欠かさずにゲームをプレイしております。

ゲームは趣味であり、ストレス発散の手段でもあります。

おそらく、私のようにゲームが好きな人は、結構いるのではないかなぁと思うのですが、結構世間の目は厳しく、いい年してゲームをしているというと、あまり良い印象は持たれなかったりします。

映画や音楽鑑賞、読書といった他の自宅で余暇を潰せる他の趣味と、ゲームの違いは、私自身はそれほど感じてはいないのですが・・・
ゲームは特に年齢を問わないものが多いために、子供の遊びとしか考えていない人が多いからかなぁとも思ったりしております。

そんなゲームですが、もしかしたら近い将来、ゲームをプレイするだけでお金が稼げるようになる時代が来るかもしれません。

本日知ったのですが、「BUFF」という現在準備中の仮想通貨が、もしかしたらそれを実現してくれる可能性を秘めているようです。
https://buff.game/ja/

サイトによれば、ゲーマー向けアプリのオープンソフトウェアプラットフォームのプロバイダーである「Overwolf」とパートナーシップを組んだと書かれております。
www.overwolf.com

「Overwolf」というのは、色んなゲームで利用できるサポートツールを提供している会社で、Logicool のマウスなどにもソフトが添付されていたりするようです。

※一部では評判があまりよろしく無かったりするようですが・・・

ただ、ゲームをプレイするだけで、お金(仮想通貨)が入手できるようになるかもしれない・・・
ゲーム好きにとっては、夢のようなお話です。

なお、先に書いておきますが、私は決して上記の仮想通貨「BUFF」への投資やトークンの購入を推奨しているわけではございません。あくまで現在入手できている情報を元に、希望的な意見を述べているだけですので、決して早計に手を出したりされませぬようご注意ください。



「BUFF」のサイトを見に行くと、結構色んなゲームに対応予定で、「FORTNITE」「OVERWATCH」「MINECRAFT」などの有名ゲームにも対応する可能性を秘めているようです。

Fortnite (輸入版:北米) - PS4

Fortnite (輸入版:北米) - PS4

私が今ハマっている「FORTNITE」が含まれているところに、かなり興味を抱いていたりします。
実際にここ数日毎日数時間ずつプレイしているので、それがもしプレイした分だけ仮想通貨になるとすれば・・・
ゲームを長時間プレイしている人ほど、気になるサービスなのではないでしょうか。

実際にゲーム内で稼いだ仮想通貨が現実社会の通貨として換金できるようになるのかは現時点では不明です。
どうやって仮想通貨を現実社会での価値に変換して、それを一般の通貨にするのかという手段が個人的には分からないので、そこまではまだ期待できないかなぁと思っております。

ただ、同じ仮想通貨で繋がるゲーム同士のアプリ内アイテムの購入ぐらいは、行き来できるようになるのかなぁと少し期待しております。
例えば、「LEAGUE OF LEGENDS」で稼いだ仮想通貨を使って、「FORTNITE」のバトルパスを購入する・・・というようなこともできるのかなぁと。

閉じた経済というか環境の中で、何かをするとポイントが貯まって、そのポイントによって何らかの有価値なサービスや恩恵を受けれるというのは、「LINE」などでも実現しております。

広告を見たりアンケートに答えることで「LINEポイント」が貯まり、貯まったポイントでスタンプを購入できるというようなものが実現しているので、そういう仕組みとしては実現できることは分かっております。

そこから派生して、同一仮想通貨「BUFF」によって、様々なゲームのアイテムが購入できるようになるという複数の会社を超えたゲーム間の経済圏が成形できるのは、個人的にはかなり有り難いかなぁと。

その先の現実通貨と換金できるようになるのは、まだまだ先なのかもしれませんが、まずは様々なゲーム間で利用できる仮想通貨としてのスタートを切ってもらえればうれしいかなぁと思っております。

実際に対応するゲームは、おそらくPCのものが最初に展開されるのかなぁと。

その後 PlayStation4/Xbox/Nintendo Switch などのゲーム機向けに展開してくれれば、より多くの人がその経済圏に参加できるようになって、もしかしたら他の仮想通貨以上に伸びて行く可能性もあるのかなぁと勝手に思っております。

ホワイトペーパーを見ると、2020年ぐらいに、PlayStationXbox 向けのSDKを配布するというようなことも書かれているようです。

これらが現実にサービスというか、仮想通貨として流通されるかどうかはまだ分かりません。

企画倒れになって、頓挫する可能性も残っていますし、このサービス自体がもしかしたら詐欺である可能性もあります。

なので、まもなく販売されると言われるトークンをいきなり買ったりするということは一切するつもりはありません。

ただ、もし実現すれば、ゲーム好きの私としては、是非導入してみたいなぁと思っております。
それも、トークンを購入するのではなく、あくまでゲームをプレイすることでポイントが貯まるというような感覚で、仮想通貨が貯まれば嬉しいかなぁという感じです。

とりあえず、開発状況についての情報は知っておきたいので、メールアドレスだけは登録しておきました。

もし興味が有る方は、今後の経緯などを見守っていかれてはいかがでしょうか。

あくまでこんな仮想通貨も出るかもしれないというレベルの情報として記事を書いてみました。
万一投資される際には、十分にご注意の上、ご自身の判断でお願いいたします。