おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「おにぎりせんべい わさび」を食べてみました

私を筆頭に、辛いものが好きな私の家族。
唯一娘だけが、辛いものが苦手ですが、妻と息子も同じく辛いモノ好き。

その辛さの範囲は、唐辛子の辛さのみではなく、ワサビの辛さも結構好きだったりします。

我が家の中でも、ワサビの辛さに一番強いのは妻で、刺身やお寿司を食べる時には、果たして刺身を食べているのか、はたまたワサビを食べているのかが分からないほどの量を醤油に溶いて食べております。

その量たるや、醤油の液体というよりもゲル状に近いぐらいの量で、さすがの辛いもの好きの私でも、ちょっと遠慮したい感じの量です。

息子もワサビの味は好きで、スナック菓子でも「わさビーフ」などは結構好きで良く買って来るのですが、妻のワサビ醤油には手が出せません。

さて、そのワサビ好きの妻が、スーパーで見かけて買って来たのが、「おにぎりせんべい わさび」という商品。

おにぎりせんべい」にわさびを加えた商品らしく、店頭で見かけた瞬間に、即買いしたそうです。

妻ほどではないものの、わさびの辛さも好きな私にとっても十分にそそられるものがあり、息子も当然見かけた瞬間によろこんでおりました。

ということで、本日はこの「おにぎりせんべい わさび」を家族で食べてみることに。
f:id:KEN-S:20180906215727j:plain

カロリーはこれ1袋(95g)当たり449kcal です。
f:id:KEN-S:20180906215747j:plain

裏面には「ツーンとくる刺激!!ちょっぴり大人の辛さ!!」というコピーが入っております。
f:id:KEN-S:20180906215802j:plain

辛いものが苦手な娘は、まだまだお子様と言う事なのかなぁと思ってみたりしますが・・・辛いものが苦手な大人もいるので、そこはまぁコピーということで。

それでは、開封してみます。

開封すると、中はこんな感じです。
f:id:KEN-S:20180906215823j:plain

袋の中を見る限りでは普通の「おにぎりせんべい」のように見えます。

マスヤ 28gおにぎりせんべい 28g×20袋

マスヤ 28gおにぎりせんべい 28g×20袋

香り自体は、それほどわさびっぽい感じはなく、ほぼ普通のおにぎりせんべいと変わらないかなぁと。
すこしだけわさびの香りがしているような気もしますが・・・

1枚取り出してみると・・・確かに少し緑色っぽいものが見られます。
f:id:KEN-S:20180906215839j:plain

それでは早速食べてみます。



一口食べると、すぐにわさびの辛さが口の中に広がります。

しかし、その辛さはツーンとしますが、すぐに口の中から消えてしまい、かなりすっきりとした辛さです。
わさびを食べた後の清々しい感じというか、さっぱりした感じというか・・・
辛さ自体は後を引かない感じです。

さらには、辛いだけではなく、しっかりとしたあのおにぎりせんべいの味もあります。

食べた瞬間にわさびのツーンとした感じ、そして、口の中で噛むと、そこにおにぎりせんべいの少し甘さも感じる醤油ベースのいつもの味。
それでいて、少しわさびの辛さも感じられるというなかなかに良いバランスです。

ただ、辛さにバラツキがあるのか、わさび好きの妻が食べたものは、かなりわさびの辛さがあったそうです。

私も何枚か食べている間に、ちょっと辛めのものと、それほど辛さを感じないものがあったので、個体差というか、わさびが多いものと少ないものがあるのかなぁと。

それでも、全体を通して味わってみると、おにぎりせんべいとわさびの辛さはかなりマッチしていて、非常に美味しいです。

食べ始めると止まらなくなってしまい、私と妻と息子の3人で一袋をあっという間に完食してしまいました。

これは、かなり気に入ったので、また見かけたら買っておいても良いかも。
できれば、定番化してほしいぐらいに、我が家の3人は気に入ってしまいました。

おにぎりせんべいが好きで、わさびも嫌いで無い方であれば、きっと気に入ってもらえるのではないかなぁと。

我が家としては、かなりのオススメなので、気になる方は是非一度お試しを。