おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「Nintendo Direct 2018.9.14」でNintendo Switchタイトルの新情報

本日(2018年9月14日)朝7時から、任天堂が発売前のゲームの情報などを公開する「Nintendo Direct 2018.9.14」が新たに配信されました。
youtu.be

個人的には気になっていたので、見ようと思って7時に Nintendo Switch を起動してみたものの、「Nintendo Direct」を見る方法が分からず・・・
※後から調べたところ、「eショップ」から見ることができるようです。

そのためにわざわざPCを起動するのも面倒臭いし、スマートフォンで見るのもなぁと思っていたら・・・
リビングのテレビで Youtubeが見れることを思い出し、急いで起動して、再生してみたという感じ。

ただ、それに気づくのが遅かったので、「Nintendo Direct」の途中からしか見れませんでしたが・・・

後からネットで調べたところ、いくつかの新しいタイトルや、新しい情報が発表されました。

その中から、個人的に気になったタイトルや情報についての感想などを。

Nintendo Switchカプコン・ベルトアクション・コレクション」

個人的に一番刺さったのは、Nintendo Switchカプコン・ベルトアクション・コレクション』だったりします。
社会人になってから、会社の人たちと一緒にゲームセンターで100円を積み上げてコンティニューしまくって最後までプレイした「キャプテンコマンドー」が入っているだけで、買いたくなってしまいました。
天地を喰らうII 赤壁の戦い」「パワード ギア」が含まれているのも、個人的にはポイントが高かったりします。
パッケージ版は12月6日発売。ダウンロード版は9月20日配信。

Nintendo Switchファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」

私も含め息子と娘とともに、気になったのがNintendo Switchファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター」です。
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」は元のゲームキューブ版を持っていて、子供達と一緒にプレイして楽しんだ思い出のタイトル。

さらには、DSで発売されたシリーズ続編も全てプレイしております。つい先日、PlayStation4版の発売が発表されていたのですが、我が家での見解としては、「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」は同じ場所にいる人同士でわいわいと言いながらプレイするべきタイトルだということ。そういう意味では、PlayStation4 よりも、Nintendo Switchの方が適していると思っていたところに発表されたので、家族全員で大喜びです。2019年発売。


Nintendo Switch「Diablo3 Eternal Edition(ディアブロ3 エターナルエディション)」

海外ではすでに発売が決定していたニンテンドースイッチ版「ディアブロ3 エターナルエディション」が国内での発売が決定しました。

Diablo 3 - Eternal Edition (輸入版:北米) - Switch

Diablo 3 - Eternal Edition (輸入版:北米) - Switch

個人的には、「ディアブロ」シリーズこそがハクスラ系ゲームの真骨頂だと思っているので、どこでもプレイできるNintendo Switch での発売は中毒度がかなり高くなって、危険かなぁとも思っていたりするのですが・・・
老眼気味の私の目では、携帯モードでプレイするのはちょっと厳しいので、TVモードでプレイすることになるかなぁと。
だったら、PlayStation4 でも良いのかなぁとも思ったりしますが・・・
Diadlo III: Eternal Collection (輸入版:北米) - PS4

Diadlo III: Eternal Collection (輸入版:北米) - PS4

2018年冬発売。

Nintendo Switchアサシンクリード オデッセイ クラウドver.」

アサシンクリード オデッセイ」のクラウド版です。
個人的には「アサシンクリード」シリーズをプレイして面白かったので、シリーズ最新作も気になるところ。
しかし、残念ながらNintendo Switch版はハードのスペックが足りなかったのか、プレイに常時サーバーへ接続する通信環境が必要となるクラウド版。
さらにソフトはダウンロード版のみで、「730日間プレイ券」というものがついて来ているところを見ると、それを超えると別料金が発生するということでしょうか。
ということで、「アサシンクリード オデッセイ」をプレイするなら、PlayStation4版の方が良さそうですね。

2018年10月5日配信。

Nintendo Switchファイナルファンタジー」シリーズ

PlayStation プラットフォームなどで発売されていた「ファイナルファンタジー」シリーズのタイトルがNintendo Switchに移植されるそうです。
Nintendo SwitchFF15 ポケットエディション」2018年9月14日配信開始。
Nintendo Switchワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ」2018年11月6日発売。

FF12 ゾディアックエイジ」は2019年発売。その他、「FF7」「FF9」「FF10 10-2」などがNintendo SwitchへHDリマスター版として2019年に発売されるそうです。
アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーIX

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーIX

Nintendo Switchチョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」

PlayStation プラットフォームや、ニンテンドーDSなどでリリースされていた「チョコボの不思議なダンジョン」シリーズ。

チョコボの不思議なダンジョン2

チョコボの不思議なダンジョン2

DSで発売された「時忘れの迷宮」のリメイク版がNintendo Switchでもリリースされるそうです。個人的には、好きなシリーズなので、気になっております。
今冬発売。

Nintendo Switchどうぶつの森

出るとは思っておりましたが、Nintendo Switchどうぶつの森」が発売決定したそうです。
我が家でも家族全員がニンテンドー3DS用のソフトを1本ずつ購入して、それぞれでプレイしていたこともある大好きなシリーズなので、発売は大歓迎です。

ただ、さすがにNintendo Switchを1人1台ずつ購入することは厳しいので、今回は共用でプレイすることになると思いますが・・・
2019年発売。

ニンテンドースイッチオンライン」有料化。

2018年9月19日から、現在無料だったNintendo Switchのオンラインプレイがいよいよ有料化されます。

1ヶ月 300円
3ヶ月 800円
12ヶ月 2400円

ユーザーごとに上記の料金がかかってきます。

一応、最大8人まで登録できるファミリープランが12ヶ月4500円もあります。
家族2人以上が Nintendo Switch のオンラインプレイをする場合は、ファミリープランを利用する方がお得ということになります。

個人的に気になるのは、ファミリープランで適用されるユーザーが家族に限定されるかどうか。
例えば家族以外の友人や知人の8人でお金を出し合って、ファミリープランに加入するという使い方もできるのかどうか・・・
ユーザー同士が「家族」かどうかを識別する方法があるのかどうか・・・

さらに言えば、ファミリープランで契約した人が、ユーザーアカウント8人分のうち、余っているユーザー数分を、メルカリやヤフオクなどで、使用権を売るというようなことができたりするのかどうか・・・
だとすれば、12ヶ月で1人当たり562円で済むのですが・・・そういう使い方はOKなのかどうかも気になるところです。

Nintendo Switch大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」関連

Nintendo Switch本体とソフト同梱版「Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット」が2018年11月16日に発売されます。

オリジナルデザインのドックとJoy-Con、ダウンロード版ソフト、Nintendo Switch Onlineの3か月利用券(個人プラン)がついた特別セットだそうです。

さらには、新たなファイターとして、「どうぶつの森」に登場した「しずえさん」の参戦が決定したとのこと。

新しいファイターがまだ追加されることに、非常に驚いておりますが、購入する予定なので、個人的には非常にうれしいです。

この他にも、色々とタイトルが発表されていたので、今後の情報次第では、さらに欲しいソフトが増えて行く可能性もありますが、本日の発表で気になったのは、以上でした。