おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「濃厚生チョコモナカ」を食べてみました

先週の土曜日は雨が降って湿気多かったせいかもしれませんが、体感的にむし暑さを感じました。
涼しくなっていくと思っていたら、突然の暑さ。

野鳥探鳥を終えて帰宅したあと、用事があったので外出するとじんわりと汗をかいてしまいました。
その結果、体が涼を求めてしまい、ついつい道中のコンビニに立ち寄ってしまったのが運のつき。

とりあえずドリンクをと思ってドリンクコーナーへ向かいますが、その途中にアイスコーナーを通ってしまいました。
ちらっと中を覗くと、魅力的な商品が一杯並んでおります。

一度は通り過ぎてドリンクコーナーの前に立ったのですが、体の暑さはそれでは収まりそうになく・・・
気付けば再びアイスコーナーへと戻ってしまい、中の商品を目で品定めしている状態に。

水分補給ならドリンクですが、暑さを納めるならやはりアイスかなぁと自分を納得させて、商品を選びます。

で、気になったのが「濃厚生チョコモナカ」というアイス。

「生チョコモナカ」というのは過去に見た覚えがあるような気がするのですが、そこに「濃厚」がつくと、気になってきます。

※上記リンクは「生チョコモナカ」です。

「辛い」よりは「激辛」の方が気になるように、「生チョコモナカ」よりは「濃厚生チョコモナカ」の方が気になるという感じです。

体を冷やすなら、むしろ氷系のアイスの「ガリガリ君」などの方が良いところですが・・・

ここはやはり自身の体の欲するものをということで、「濃厚生チョコモナカ」を選ぶことにしました。
f:id:KEN-S:20181008112057j:plain

カロリーはこれ1個で266kcalです。
f:id:KEN-S:20181008112137j:plain

生チョコの原料にベルギー産の「クーベルチュール」を使っているそうです。
f:id:KEN-S:20181008112154j:plain

クーベルチュール」というのは、知名度が高い商品なのかもしれませんが、チョコレートの種類にあまり詳しくないので、良くわかりませんが・・・

わざわざ明記しているということは、分かる人には分かるのかもしれませんね。

それでは、開封してみます。

モナカのがわ自体も通常よりも濃い目のチョコレートっぽい色になっております。
f:id:KEN-S:20181008112216j:plain

それでは、早速一口食べてみます。



モナカとアイスの間には、チョコレートコーティングされているのか、噛んだ瞬間にそこそこの歯ごたえを感じます。

チョコモナカジャンボ」などと同じような感じでしょうか。

食べてみると、チョコレートアイス自体からそこそこ濃厚な味がします。
さらにアイスの間には、チョコレートの塊が入っております。
f:id:KEN-S:20181008112239j:plain

チョコレートの塊が冷えているおかげで、そこそこの歯ごたえを感じさせるのですが、口の中で溶け始めると生チョコっぽい味になって、アイスと混ざることによって、かなり濃厚な味になります。

チョコレートアイスに生チョコということで、チョコレート感は結構強めです。

チョコレートが好きなら良いかと思うのですが、アイスとしてみると、私にはちょっとチョコレートが強すぎるかなぁと。
ここまでチョコレートが強ければ、チョコレートそのものを食べるのとあまり差が無いような気もしてきます。

アイスとして見た場合には、バニラアイスの間に適度なチョコレートが入っている「チョコモナカジャンボ」の方が個人的には好きな感じです。

ただ、生チョコもそこそこ感じられますし、味は良いので、気になる方は是非一度おためしを。