おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「iPhone XR」の各社価格が発表されましたが・・・

2018年10月19日から予約開始で、10月26日から発売が開始されるAppleiPhone XR」。
www.apple.com
各キャリアーでの販売価格が出そろいました。

先行して販売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」がどのモデルも10万円を超えていたおかげで、分割購入の審査に落ちてしまう人も出ていたという噂もちらほら。

iPhone XS 64GB SIMフリー [ゴールド]

iPhone XS 64GB SIMフリー [ゴールド]

iPhone XS Max 64GB SIMフリー [ゴールド]

iPhone XS Max 64GB SIMフリー [ゴールド]

そんな状況なので、先行2機種よりも安い価格設定がされている「iPhone XR」ならと考える人も多いと思うのですが、価格はというと・・・

iPhone XR」 の各社の販売価格は以下の通り。

Docomo au SoftBank Apple
64GB 98,496円 98,400円 106,560円 91,584円
128GB 104,976円 104,480円 112,800円 98064円
256GB 116,640円 116,640円 124,800円 109,944円

NTTDocomoと au については、64GB版のみ何とか10万円以下に収まりました。
ただ、AppleSIMフリー版であれば、128GBまでが10万円以下に収まることを考えると、少々厳しい価格かなぁと。

それでも、最新のiPhoneが欲しいものの、「iPhone XS」「iPhone XS Max」の分割購入で審査に落ちた人にとっては、NTTDocomoやau版「iPhone XR」の64GBは選択肢としてはありかと。

ただ、今回の価格で、個人的に気になったのは SoftBankの動向だったりします。
iPhone XR」の 64GBモデルでも SoftBankだと10万円越え。
SoftBankだけが10万円を超えた端末の分割購入時の審査が緩いということはあり得ないと思うので、この価格を見ると、SoftBankだけが「iPhone XR」を売るつもりがないのかとさえ思えてしまいます。

SoftBankといえば、日本国内で最初に iPhoneを取り扱ったキャリアー。
なので、iPhone に関しては、SoftBankは他のキャリアーに比べて思い入れというか、販売努力を惜しまないと思っていただけに、価格を見てちょっと驚いてしまいました。

私が知らないだけで、実際にはもっと安く購入する料金プランがあるのかもしれませんが、価格を並べたときには、明らかに SoftBank だけが見劣りしてしまいます。

噂では、iPhoneAppleから販売数でかなり厳しい目標がもうけられているという話も聞こえてきます。
果たしてSoftBankはこの価格で、その数量をクリアーできるのかと少々心配になります。

もしかしたら、SoftBankは今回のモデルを最後に、次モデルからiPhoneを取扱わないようになるのではないかなぁとさえ思ってしまいます。

iPhoneの価格に対してというわけではありませんが、2018年11月1日に日本でも発売が開始されるGoogleスマートフォン「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」についても、SoftBankとNTTDocomoが国内での取扱を発表しております。
store.google.com



「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」はGoogleAppleiPhoneをかなり意識している端末と言われております。
紹介イベントでのプレゼンでは、比較対象として「iPhone X」が随所に出て来たほど、ライバル視しております。

5.5インチ有機ELディスプレイ搭載の「Pixel 3」の価格は以下の通り。

Docomo SoftBank Google
64GB 98,496円 98,400円 95,000円
128GB 取扱なし 108,960円 107,000

そして、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載の「Pixel 3 XL」の価格は以下の通り。

Docomo SoftBank Google
64GB 取扱なし 119,520円 119,000円
128GB 131,544円 131,040円 131,000円

NTTDocomo も SoftBankも、端末価格がGoogle から発売される端末に比べて、いずれも数千円レベルの上乗せしかしていない状態。

日本市場に向けて、Felicaなどにも対応しており、Google がかなり力を入れている端末に見受けられます。
ただ、他のAndroid端末と比べると、際立って目立つ機能がないところで、個人的にはイマイチ魅力を感じておりません。
実際に売れるかどうかも、今ひとつ想像もできませんが・・・

それでも、iPhoneの価格と比べると、SoftBankの値付けに違いがあるような感じがします。

SoftBankiPhone の最新モデルがいずれも10万円を超えているのに対して、「Pixel 3」の 64GB版は 10万円を切っております。

もしかすると、SoftBank は今回で iPhone を見限って、Googleの「Pixel」シリーズをメインに販売して行くのかなぁと。

店頭で、iPhone の購入審査に落ちた人に向けて、Google の「Pixel 3」なら購入できると言う点で勧めていく・・・かどうかは分かりませんが、iPhone よりは価格的に売りやすいのかなぁと。

もっとも、SoftBankは過去にも iPhoneの価格については、価格を発表した後、他社の動向を見て価格を下げたりする戦略を取る事もあるので、発売直前まではどうなるか分からなかったりしますが・・・

とりあえず、「iPhone XR」の予約は今週末から開始。
容量やカラーによっては、手に入らないモデルも出てくると思いますので、欲しい方は忘れずに早めに予約された方が良いのではないかなぁと。

ちなみに「Pixel 3」「Pixel 3 XL」は現在すでに予約受付中のようですので、こちらも発売日に入手したい方は、早めにお店に行かれた方が良いかもしれません。

私自身は、どちらにも興味がないので、外から売れ行きだけは見守っておくという感じですが・・・