おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「カナダドライ サングリアスパークリング」を飲んでみました

本日もいつものようにお昼に靭公園でプチ探鳥をした後、午後に飲むドリンクを買いにコンビニに立ち寄ります。

そして、何か新しいドリンクが出ていないかとドリンク棚を除いてみると、気になるドリンクを発見。

「CANADA DRY」の昔から知っているロゴが入った「CANADA DRY SANGRIA SPARKLING(サングリア スパークリング)」というドリンクです。

私が中学生か高校生ぐらいのころに、出会って以来、好んで飲むようになっていたのが、「CANADA DRY」のロゴが入った瓶入りのジンジャーエールでした。

当時、それまではコーラを良く飲んでいたのですが、ジンジャーエールと出会って以来、当分の間はコーラではなく、ジンジャーエールばかりを飲んでおりました。
学校帰りのコンビニで瓶入りのジンジャーエールを飲むというのが、楽しみとなっていたほどです。
以来、今でもジンジャーエールは好きなソフトドリンクだったりします。

その「CANADA DRY」のロゴが入ったドリンクとなれば、ジンジャーエールではないものの、やはり気になってしまいます。

しかも、「サングリア」も個人的にはナイト・キャップとして飲むのに結構好きなお酒だったりします。

もしかしたらアルコールかもと一瞬思ったりもしたので、ラベルを確認しても、アルコール分は入っていない様子。

だったら買っても構わないかなぁということで、味も気になるので買ってみました。
f:id:KEN-S:20181121200535j:plain

「ワインを思わせる芳醇な香り」というところが、結構気になります。

カロリーは100ml当たり44kcalで、これ一本(410ml)で180kcalです。
f:id:KEN-S:20181121200555j:plain

それでは、開栓してみます。



開栓すると、色んな果実が混ざったような甘い香りがしてきます。

それでは早速飲んでみます。

飲んでみると、結構炭酸が強めで、個人的には好きです。

味は甘めのサングリアっぽい感じではありますが、ワインかと問われると、ちょっと違うかなぁと。
ただ、甘めのスパークリングワインにも、近い味のものがあるような気がするので、これはこれでワインっぽいと言えないことも無いかなぁと。

サングリア自体も元のワインの味よりも、漬けているフルーツの甘みの方が強く感じられたりするので、実際のサングリアに近い味には仕上がっているように思います。

ベースとしては、ブドウの甘みと酸味が強く感じられれ、オレンジのほのかな苦みも感じることができます。

個人的には結構おいしいと思えました。
機会があれば、また買ってみても良いかなぁという感じです。

ただ、甘みが結構強めなので、渇いた喉を癒すために飲むと、よけいに喉が渇くかもしれません。

気になる方は是非一度お試しを。