おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

PS4「The DIVISION(ディビジョン)」をクリアー?

先日からプレイしていたPS4のTPSアクションRPG「The DIVISION(ディビジョン)」。
ken-s.hateblo.jp

本日、ストーリーミッションを一通りクリアーしたと思われます。

「思われます」と書いたのは、エンディングやスタッフロールを見ていないのですが、クリアーした後に「エンドゲーム」に関する表示が行われたところを見ると、一応ストーリーが終わったということではないかなぁという感じで、イマイチ確証が持てていないため。
f:id:KEN-S:20190402201717j:plain

一応敵として登場していた3つの勢力は全て壊滅させ、表示されているストーリーミッションは全てクリアーしたので、おそらく間違いはないかなぁと。
f:id:KEN-S:20190402201642j:plain

サブミッションとして表示されているものをプレイしていたところ、この先はDLCが必要という表示があったりして、一応ゲームとしては続くのですが、DLCを買っていなければ、後はひたすら装備を強化していくのと、クリアーしていないミッションをこなして行く感じになるようです。
f:id:KEN-S:20190402201351j:plain

一応基地も全て、最大までアップグレードも完了しました。
f:id:KEN-S:20190402202104j:plain

個人的には、ストーリーが終わったら、区切りとしてスタッフロールぐらいは見せてほしかったかなぁと思ってしまいます。

DLCでまだまだ続くと言う部分で、制作側としては終わりを設けたくなかったのかもしれませんが・・・

ただ、DLCを買わなくても、まだまだ遊べる要素があったりします。
デイリー任務やダークゾーンなど、まだプレイしきれていない要素が多く存在しております。
f:id:KEN-S:20190402202931j:plain

より強い装備を求めて、引き続きエンドコンテンツを楽しむということができるので、まだまだ楽しむ事はできそうです。

それでも、とりあえずストーリーミッションをクリアーしたので、ゲームの個人的な感想などを思いつくまま書き留めておきます。


一応他のプレイヤーと一緒にプレイできますが、通常のミッションを一緒にプレイする場合は、あらかじめチームを組む必要があります。
そのため、友人知人とプレイしていない限りは、拠点にいる人に声をかけたりしないと一緒にプレイすることはできません。
拠点以外の通常のフィールド上では、他のプレイヤーと遭遇することはないので、ひたすらソロプレイができます。

唯一「ダークゾーン」と呼ばれるPvP(プレイヤーVSプレイヤー)ができるマップでは、他のプレイヤーも同じマップ上に表示されるので、一時的に協力して敵と戦うことはできます。
但し、PvPゾーンなので、相手がもしかしたら敵として襲ってくる(ローグプレイヤー)可能性もあります。

このゲームの前にプレイした「Destiny2(ディスティニー2)」のように、普通のフィールドでも会話なしでその場にいる他のプレイヤーと、何となく一緒に戦うような、ゆるい共闘ができないのは、少し残念かなぁと。

拠点などで他のプレイヤーの姿を見かける時に、名前の横に数字が表示されております。
数字はレベルだと思っていたので、時折200オーバーの数値が表示されているプレイヤーキャラクターもいて、そこまで育てたのかなぁと思っておりました。
ところが、実際にはゲーム内でのプレイヤーキャラクターのレベルは30が上限のようです。
レベル30でエンドコンテンツに突入すると、レベル30以上の装備は、装備の強さに応じて装備スコアというものが入ってきます。
そのプレイヤーの装備の装備値が、プレイヤー名の横に表示されるようになるようです。

レベル30超えると、全エリアに登場する敵がレベル30で固定されます。
f:id:KEN-S:20190402201951j:plain

ストーリーミッションを終える前に、レベルが30を超えてしまい、ストーリーの後半はずっとレベル30の敵と戦うことになって、かなり苦戦しました。
装備していた武器や防具のレベルが追いついていなかったこともあり、レベル30の敵はザコ敵でもかなりの強敵でした。
装備が整ってくることで、ようやく対応できるようになりましたが、レベル30になったばかりの時は、拠点から出てすぐに遭遇した敵に倒されるということも何度かありました。

装備はかなりドロップされやすい感じでした。
但し、レア度はある程度レベルに依存しているようで、最初から最上級の装備が出たりすることはなかった。
レベル30を超えて、ストーリーミッションをクリアーした後から最上級装備が敵のドロップで出やすくなったような感じです。
f:id:KEN-S:20190402201525j:plain

結構敵が装備をドロップしてくれるので、序盤はお店で装備を買う必要はあまりありませんでした。
ただ、レベル30を超えて、敵のレベルも30固定になったところから、装備のレベルが低いとかなり苦戦したので、レベルの高い装備を入手する必要が出てきて、仕方なく装備を買うというような状態になっていきました。
それでも、一通りの装備がそろえば、再び買わなくても良い程度には装備がドロップされるので、少しずつ自分ごのみの装備を集めて行くという感じで楽しむ事ができました。

弾は拠点で無料で補充できますし、敵を倒しても出るので、弾切れで苦戦するということはありませんでした。

武器や防具にはMODと呼ばれるオプションパーツ(モジュール)を取り付けることができます。
例えば、武器のMODにはバレルやマガジン、スコープなどを装着することができ、それによって武器の性能がアップします。
f:id:KEN-S:20190402203338j:plain
それらを組み合わせることで、自分好みのカスタマイズができます。

また、装備自体にも、特殊効果が付加されているものがあるので、同じ名前の武器でも性能が違ったり、特殊効果が違ったりしてより強いものをついつい求めてしまいます。
より強い装備を求めるために、フィールドに出て敵を倒すというプレイは、まだまだ楽しめそうな感じです。

で、手に入った装備やMODについては、とりあえず保管しておくのですが、アイテムを保管しておける保管庫の容量が結構少なめで、あっという間に一杯になってしまいます。
で、仕方なく売却することになります。

個人的には、武器毎に絵というかモデルデータが異なっているので、一通り全武器種を保有しておきたいと思っておりました。
そのため、同じ武器が2つ以上あれば、一番強いものだけを残して他を売却するというようなことをしたいところ。
ところが、このゲームでは装備の並び順が固定で、装備の種類順に並んでおり、その種類の中でも装備のレア度順、レベル順になっております。
そのため、同名武器を探そうとしても、レア度やレベルが異なっていると、かなり場所が離れたところに表示され、その武器があったかどうかをすぐに判断できませんでした。
個人的には、名前順でもソートできるようにしてほしかったかなぁと。

あと、MODでスコープを交換できるのですが、プレイしている時には数値的(パラメータ的)にしか変化しないのも少し残念かなぁと。
スコープを使っていても、画面での見え方は同じなので、遠い敵は画面上で遠い状態のまま表示されます。
f:id:KEN-S:20190402202359j:plain

できれば、装備しているスコープの倍率に応じて、画面上の見え方についても変化してほしかったかなぁと。
倍率が高いスコープほど、敵を大きく見ることができれば、もう少し狙いやすくなって良かったのではないかなぁと。

それ以外に気になったのが時折コントローラーの入力と画面の表示というか、実際の操作に遅れが発生することがありました。
我が家のコントローラーの不具合なのか、ゲーム側の不具合なのかは判断できませんが、他のゲームでは発生していないので、このゲームの問題かなぁと個人的には思っております。

それと、ゲーム開始時のデータロードがかなり時間がかかるというのも気になりました。
ゲームが始まってしまえば、ファストトラベル以外ではロードも入らないので、ストレスなくプレイできましたが、最初のロードだけはちょっと長過ぎるかなぁと。

全体的には良くできたゲームなので、個人的にはかなりオススメできます。

この後、DLCを購入するか、それとも先日発売された続編「The DIVISION2」を買うのかは、悩みどころではありますが・・・

ディビジョン2 - PS4

ディビジョン2 - PS4

それらを買わなくても、まだまだ楽しめそうな感じなので、ぼちぼちプレイして行けば良いのかなぁと。

ただ、個人的にはそろそろ他のゲームもプレイしたくなっていたりするので、集中して「The DIVISION」をプレイするのは、当面はなくなるかもしれません。

ディビジョン - PS4

ディビジョン - PS4