おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Nintendo Switch「DEAD CELLS(デッドセルズ)」をプレイ

先日、PS4WATCH DOGS2(ウォッチドッグス2)」をクリアーし、次にプレイするゲームをどうするかと検討。
ken-s.hateblo.jp

このところ、ずっと3D系のゲームばかりプレイしていたので、久しぶりに2Dゲームをプレイしたいなぁと。

ちょうどいい感じでNintendo Switchで「CADENCE OF HYRULE CRYPT OF NECRODANCER(ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー)」がリリースされておりました。
www.spike-chunsoft.co.jp

以前プレイした「CRYPT OF NECRODANCER(クリプト・オブ・ネクロダンサー)」にゼルダの伝説要素が加わったゲーム。
ken-s.hateblo.jp

発表された時から、気になっていたので、それを買おうかとも思ったのですが、よくよく考えると、元の「CRYPT OF NECRODANCER(クリプト・オブ・ネクロダンサー)」自体もクリアーできておりません。

となると、おそらく買ったとしても今回もクリアーまで到達できないかなぁと。

他に何か良いゲームはないかと考えてみたところ、以前から気になっていた「DEAD CELLS(デッドセルズ)」があったなぁと。
ローグライクの探索型ゲームで、しかもメトロイドヴァニアな2D横ビューアクションゲームと、個人的には好きな要素満載のゲーム。

購入したのは数日前で、ちょうどセールが行われていたこともあって、少し安くなっていたのでこれは買ってみるしかないかなぁと。

Dead Cells|オンラインコード版

Dead Cells|オンラインコード版

ちなみに、PlayStation4 でもリリースされております。

Dead Cells (輸入版:北米) - PS4

Dead Cells (輸入版:北米) - PS4

ただ、ローグライクゲームの場合は、いつでもどこでもプレイできる、携帯モードがある Nintendo Switchの方が相性は良いのかなぁと思ったので、こちらを購入。

ということで、購入してプレイを開始しました。
f:id:KEN-S:20190629120127j:plain


ゲームを開始すると、最初に緑色の物体が出現。
f:id:KEN-S:20190629120253j:plain

そして、死体に取り憑くと・・・
f:id:KEN-S:20190629120340j:plain

プレイ可能になり、これがプレイヤーキャラクターです。
f:id:KEN-S:20190629120407j:plain

最初は操作方法が画面に表示されるので、操作を覚えていきます。
f:id:KEN-S:20190629120520j:plain

そのまま進むと、会話に入ります。
f:id:KEN-S:20190629120549j:plain
どうやら、プレイヤーは首をはねられた囚人だったようです。

話を聞いていくと、プレイヤーは死ねない体になってしまったようです。
f:id:KEN-S:20190629120713j:plain

その先へ進むと、アイテムが落ちているので、それを拾って、いよいよステージ開始です。
f:id:KEN-S:20190629120827j:plain

メインの武器スロットは2つあり、それぞれに1つ持つことができます。
操作ボタンのXとYでそれぞれの武器を使った攻撃を行います。

また、盾を持てば、ボタンを押すことで敵の攻撃によるダメージを軽減することができます。
f:id:KEN-S:20190629121108j:plain
タイミングが合えば、パリィによって敵の攻撃を弾けます。

ここはそのまま近距離武器と遠距離武器を装備しておくことにしました。

プレイ中は、敵を倒したり、マップ内のオブジェクトを調べたりすると武器を入手できます。
f:id:KEN-S:20190629121948j:plain

回復アイテムを入手することもあります。
f:id:KEN-S:20190629122650j:plain

また、マップ上には宝箱も存在しております。
f:id:KEN-S:20190629122225j:plain

宝箱からもアイテムを入手できます。
f:id:KEN-S:20190629122251j:plain

呪われた宝箱も存在しております。
f:id:KEN-S:20190629125640j:plain

開けると、3つアイテムを入手できますが、敵から1度攻撃を受けるだけで死んでしまう呪いが付加されます。
f:id:KEN-S:20190629125715j:plain

10体の敵を倒せば、呪いは解除されます。
f:id:KEN-S:20190629125924j:plain

アイテムは、装備スロットが決まっており、すでにスロットが一杯の状態では、入れ替えることが可能です。
f:id:KEN-S:20190629122120j:plain

ローグライクゲームなので、マップはプレイするたびに地形が変わります。

マップの中には、ワープポイントもあり、すでに解放しているワープポイントがあれば、自由に一瞬で移動することができます。
f:id:KEN-S:20190629121744j:plain

マップの途中で強化のためのアイテムが落ちております。
f:id:KEN-S:20190629121819j:plain

強化アイテムを使えば、プレイヤーの能力のいずれかを1つ上げることができます。
f:id:KEN-S:20190629124643j:plain
暴虐は赤色の武器の攻撃能力が上がります。
戦術は紫色の武器の攻撃能力が上がります。
生存は最大HPの増加や、緑色の武器の攻撃能力が上がります。

マップの途中にはアイテムショップも存在しております。
f:id:KEN-S:20190629121357j:plain
お金でアイテムを購入することもできます。

ゲーム中には、お金以外にセルと呼ばれるアイテムも出現します。
f:id:KEN-S:20190629122447j:plain
セルは次プレイ時に新しいアイテムを使用できるようにするのに必要となるアイテムです。

ただし、お金もセルも、持っていたアイテムも、死んでしまうと失ってしまい、もう一度何もない状態で、スタート地点からのスタートとなります。
f:id:KEN-S:20190629122618j:plain

マップ内を進むと、次のマップへの入り口が見つかります。
f:id:KEN-S:20190629122907j:plain

1つのマップをクリアするのに、早くクリアしたり、ノーダメージで一定の敵を倒すとボーナスがもらえる部屋に入ることができます。
f:id:KEN-S:20190629123001j:plain
到達が遅いと、扉はロックされており、中に入ることができません。
最初のステージだと、2分以内にクリアしないと入れません。

もしくは、ノーダメージで30体の敵を倒すかという条件です。
f:id:KEN-S:20190629123207j:plain

次のマップまでの合間に、収集者と呼ばれるキャラクターがいる部屋へ入ることができます。
f:id:KEN-S:20190629123305j:plain

このキャラクターが、集めていたセルを使って、図面のアンロックなどをしてくれます。
f:id:KEN-S:20190629123405j:plain

図面は、ゲームをプレイしていると、ステージの途中で敵からのドロップなどで入手できます。
f:id:KEN-S:20190629121331j:plain

図面をアンロックすると、次回のプレイの際に、そのアイテムがスタート地点に出現したり、回復薬を持った状態でスタートできるようになります。
f:id:KEN-S:20190629124018j:plain

他にも、死亡した時の所持金を一定量残すことができるものなどもあります。
f:id:KEN-S:20190629124051j:plain

セルを使い切るまでは、収集者の部屋から先へ進むことはできません。
f:id:KEN-S:20190629124150j:plain

収集者に全てのセルを渡した後、隣の部屋では「変異」ができます。
f:id:KEN-S:20190629124346j:plain

「変異」というのは、キャラクターのスキルのことで、到達するとスキルを1つ付けることができます。
f:id:KEN-S:20190629124422j:plain

ただし、このスキルも一度死んでしまうとお金やアイテム同様に失われるます。

ゲーム中に獲得して、プレイヤーが死亡しても失われないものとしては、ルーンの能力があります。
f:id:KEN-S:20190629124951j:plain

ルーンの能力を入手することで、それまで進めなかった場所が、ルーンの能力で進めるようになったりしていきます。

たとえば、「ツタのルーン」の場合。
f:id:KEN-S:20190629125005j:plain

それまでは「くすぐる」しか選択肢が出てこなかったオブジェクト。
f:id:KEN-S:20190629125323j:plain

能力を獲得することで、「使う」という選択肢が表示されるようになります。
f:id:KEN-S:20190629125449j:plain

すると、そこからツタが上に伸びていき、それを登ってマップの上へ移動することができるようになります。
f:id:KEN-S:20190629125503j:plain

マップを2面クリアーすると、ボスも出現します。
f:id:KEN-S:20190629130005j:plain

ボスを倒した先では、新たに鍛冶屋が登場します。
f:id:KEN-S:20190629131112j:plain

鍛冶屋は、セルを使うことで、品質の高いアイテムが出やすくなります。
f:id:KEN-S:20190629131235j:plain

同じアイテムでも、品質があり、品質が高いものほど攻撃力が上がります。
f:id:KEN-S:20190629131820j:plain

また、持っているアイテムを鍛えて能力を上げることもできます。
f:id:KEN-S:20190629131341j:plain
ただし、アイテムなので、鍛えても死亡するとそれらは無駄になってしまいますが・・・

他に、キャラクターの見た目をスキンで変更することもできます。
f:id:KEN-S:20190629131637j:plain

ただし、スキンも他のアイテム同様に、図面を入手して、セルを使うことでアンロックされます。
f:id:KEN-S:20190629131721j:plain

何度も倒されて、何度もプレイして、プレイのたびに少しずつ新しい要素をアンロックしていくというのが、このゲームの楽しみ方なので、アンロック要素は多い方が長く楽しめます。

数日前からプレイを開始しておりますが、毎日のように少しずつ隙間時間でプレイしております。
Nintendo Switch 版だからなのかは分かりませんが、ゲームの途中で終了しても、そこから再開できるので、1プレイの途中でゲームを止めることもできます。

なかなか楽しいゲームなので、しばらくはこのゲームを引き続きプレイしていこうと思っております。