おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

ワイヤレスイヤホン「Bang & Olufsen EARSET」を買いました

我が家では、私以外はそれぞれにお気に入りのアーティストがいて、iTunes Store などでアルバムを買ったりして、頻繁にスマートフォンで音楽を聞いております。
そして、外出する際には、ほぼ常にワイヤレスのイヤホンを装着し、音楽を聴きながら歩いている感じ。

そうまでして音楽を聴きたいものかなぁと思っていたのがここ数年の我が家の状況。

私はというと、ここ数年はわざわざ音楽を聴くようなこともなく、以前のようにCDを買うようなことも無くなっておりました。

しかし、新型コロナウィルスの感染防止の緊急事態宣言のために、自宅で作業をするようになってからは、作業用のBGMとして音楽を流すようになりました。

新しい曲を買うという状態にまではなっておりませんが、なんとなく聞き続けていると、今度は逆に音楽がない状態に少し違和感を感じてしまいます。
外出して歩く時にも、なんとなく物足りなさを感じるように。

今更ながらに、家族の気持ちがわかったような感じです。

というところで、私も外出先で音楽が聴けるようになりたいと考え、衝動的にイヤホンが欲しくなってしまいました。

スマートフォンで使用する以上、電話にも使えるようにと何か良いイヤホンマイクはないかなぁと探してみることに。
現在使っているスマートフォンには、イヤホン端子があるのですが、できればワイヤレスが良いかなぁと。

国内版SIMフリー OPPO Reno A 128GB ブラック

国内版SIMフリー OPPO Reno A 128GB ブラック

  • メディア: エレクトロニクス

個人的には、イヤホンはあまり好きではなく、特にカナル型と呼ばれる耳の穴を完全に塞いでしまうようなタイプのものは苦手。
理由は、汗で耳の中が湿気てくるから。

そのため、インナーイヤー型のもので、ワイヤレスタイプのものが選択候補となります。

当初、妻が購入した「Powerbeats Pro」を考えたのですが、これはカナル型なので、早々に候補から外れてしまいました。

あと、お値段もそこそこしますし。

個人的にはできれば1万円以下で購入したいところ。

で、色々と探しているうちに、「Bang & Olufsen」からもワイヤレスイヤホンがいくつか出ていることを知りました。

「Bang & Olufsen」のイヤホンは昔雑誌で見かけて、そのデザインに一目惚れしてしまい、少し高かったのですが、購入して使っていた思い出のあるメーカー。

もしかしたら、そのデザインを生かしたワイヤレスイヤホンがあるのではないかと思って探して見たのですが、さすがに同じものは見つからず。

しかし、ギミック的にはかなり似ているものが出ているのを発見しました。

それが、「Bang & Olufsen EARSET」というモデル。

デザイン的にもいい感じで、左右のパーツがケーブルで繋がったタイプなので、落とすこともないかなぁと。

ただ、昔買った時もそうだったのですが、「Bang & Olufsen」の製品は総じて高価な印象。
なので、これもそこそこの価格で、定価は3万円を超えておりました。

さすがにこの金額は出せないなぁと思って調べてみると、現在は Amazon でも1万円を切る価格で売られておりました。

ここまで安いと、何か裏があるのかと思ったら、どうやらこの製品はすでにメーカーの廃番品。
そのため、在庫処分のために価格がかなり下がっているのかもしれません。

個人的には好きなメーカーの、しかも好きだったプロダクトに近い製品で、価格も安くなっているとなれば、もう買うしかないかなぁと思い、見つけてすぐにポチってしまいました。
正直に言えば、衝動買いというやつです。

ポチったのが2日前で、本日無事に商品が到着しました。
f:id:KEN-S:20200612224501j:plain

パッケージはこんな感じで、到着した時点ではビニールでシュリンク包装されておりました。

ということで、中身をご紹介。



シュリンクを外したパッケージはこんな感じ。
f:id:KEN-S:20200612224521j:plain

早速中身を開封すると、製品が出て来ました。
f:id:KEN-S:20200612224541j:plain

私が買ったのは「Graphite Brown」ですが、他に「Black」や「White」などもあります。

それを取り除くと、下層にはUSB-Cケーブルや、カバースポンジ、巾着袋などが入っておりました。
f:id:KEN-S:20200612224601j:plain

イヤーフックは長さや角度などを自由に調整することができます。
f:id:KEN-S:20200612224633j:plain

左側ユニットに充電用のUSB端子が付いております。
f:id:KEN-S:20200612224650j:plain

とりあえず、自宅にあったUSBケーブルで充電してみます。
f:id:KEN-S:20200612224705j:plain

リモコン部分はこんな感じです。
f:id:KEN-S:20200612224720j:plain


リモコンの裏面にマイクがついています。
f:id:KEN-S:20200612224808j:plain


カバースポンジを取り付ければ準備完了。
f:id:KEN-S:20200612224852j:plain

充電したあと、スマートフォンとペアリングし、ワンコの散歩の時に実際に使ってみました。

装着感としては、スピーカー部分が少し大きめなので、外耳に収まりが悪く感じます。
しかし、イヤーフックを調整すれば、落下しにくくなりますし、耳の中も湿気にくい感じです。

ケーブルが少し短めで、すべりにくい表面のせいか、首を左右に振ると少し首にひっかかる感じがします。
個人的には、もう少しケーブルが長くても良かったのではないかなぁと。

私自身、あまり音質にこだわりもないので、その部分に関して評価はできません。
普通に聴きやすいと思いますが、音質にこだわる方だと、どういう評価をされるのか気になるところ。

音楽を聴きつつも車の音などは聞こえているので、外出時に使っても問題なさそうでした。

防塵防滴に対応していないし、連続使用時間が5時間と短めな点は少しマイナスではあります。

しかし、個人的にはデザインというか、ギミックが好きなので、満足しております。
何より、1万円以下で「Bang & Olufsen」のプロダクトが購入できるという点が、個人的にはポイントが高いかなぁと思っております。

在庫限りの商品だと思うので、気になる方はいまのうちに購入されることをお勧めします。