読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

季節外れの・・・

日常

本日、お昼にコンビニで飲み物を買った後、帰るために道を歩いていたところ、道路に小さな塊を発見しました。

道ばたにゴミが落ちているのは良く見かける光景なので、何かのゴミが落ちているんだろうとあまり気にも留めず、その横を通り過ぎました。

ところが、通り過ぎた後、ふと違和感を覚え、思わず引き返してその塊を覗き込んだところ・・・なんと、それはセミの死骸でした。
f:id:KEN-S:20160224204051j:plain

冬も終わりに近づきつつあるこの時期にセミの死骸?

一体どこから出て来たのかと疑問が浮かびます。


夏の間に死んで、道ばたに落ちていれば、おそらくアリなどがたかって、彼らの食事として跡形も無く分解されているはずです。

今までこの状態で残っていたということは、アリの目(手?)の届かないところで死んでしまったということでしょうか。

それとも、先日少し温かくなったために、季節を間違えて羽化してしまった・・・というのは、さすがにないですよね。

死骸をよく観察してみると、水分がかなり失われている状態で、言わばミイラ化しているような感じ。

車道の真ん中に落ちていたので、可能性として考えられるのは、ここを通った車から落下したものかなぁと。

夏の終わりに寿命を全うした後、アリがたからない車の中に死骸が残っていて、その車がこの道を通った際に、落下したのではないでしょうか。

大阪市内で、この時期に標本以外でセミの死骸が見れるという、なかなかに珍しい事ではないでしょうか。

まぁ、だから何だと言われれば、それまでなのですが・・・