おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「カナダドライ ザ タンサン レモン」を飲んでみました

日に日に暑さが増しているような気がします。

そうなってくると、靭公園での探鳥の後に立ち寄るコンビにで買うドリンクにも、どうしても変化がでてきてしまいます。

本日はいつもとは違うコンビニに立ち寄ってみることに。

今日も暑かったので、コーヒーではないドリンク類から選択するため、ドリンク棚を確認することに。

すると、いつも行くコンビニでは見かけない「カナダドライ ザ タンサン レモン」というのを発見しました。

先日飲んだ「カナダドライ ザ タンサン」がそこそこ炭酸が強くて飲みやすかったので買ってみることにしました。
ken-s.hateblo.jp

個人的にはこのボトルのデザインはシンプルなので、嫌いではなかったりします。
f:id:KEN-S:20180523185220j:plain

カロリーは100ml当たり0kcal なので、これ一本(490ml)でも0kcalです。
f:id:KEN-S:20180523185237j:plain

それでは、早速開栓してみます。
====

開栓すると、プシュっという大きな音とともに、中の炭酸が抜けます。
音の大きさは、中の炭酸の強さに比例するのか、それとも関係ないのかは分かりませんが・・・

フタを開くと、しっかりとしたレモンの香りがします。

それでは早速一口飲んでみます。

味は無味・・・ではなく、レモンの味がします。
酸味と苦みが少しあり、その苦さはレモンの果肉よりは、レモンの皮の方が近いような気がします。

後味はさっぱりとしているので、口に含んだ瞬間だけ、その味を感じます。

炭酸はそこそこ強めで、のどごしは結構気持ちいいです。

無味の「カナダドライ ザ タンサン」よりも、レモン風味のおかげで口の中がさっぱりする感じなので、私は単体で飲みましたが、もしかしたら食事と一緒に飲んでも良いかもしれませんね。

個人的には、十分にアリな感じなので、気分によって「カナダドライ ザ タンサン」と「カナダドライ ザ タンサン レモン」を変えてみるというのもアリかなぁと。

興味がある方は是非一度お試しを。