読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「Pokemon GO」続けている人と止めた人の違い

ゲーム 日常 時事ネタ スマートフォン

みなさんは「Pokemon GO」続けてますか?

私は未だに続けております。

今朝、ポケモンの巣が更新されたそうです。
今日行った靭公園でも、前回は「ディグダ」が多かったのですが、今日は「プリン」が多く、ディグダの巣からプリンの巣に変わったような感じでした。

さらには、ポケモンの発生ポイントについても、変動があったのだとか・・・
実際に今日一日プレイした感じでは、確かに発生ポイントが増えたような感じはしております。

さて、頻繁に何らかの更新されている「Pokemon GO」ですが、一時のブームが落ち着き、現在では結構アクティブなプレイヤーが少なくなったと聞いております。

あと、若い人よりも、中高年の方が「Pokemon GO」のユーザーは多いという話も・・・

すでにプレイを止めてしまった人は、多分「Pokemon GO」というアプリに、ゲームとしての面白さを求めていたからではないかと。

プレイしてみると分かるのですが、このアプリには、ゲームとしての面白さって、あまり無いと思っています。

このゲームはポケモンを集めることがゲームのコアの部分なのですが、出現するポケモンには偏りがあって、良く出るポケモンと滅多に出ないポケモンがいます。

良く出るポケモンは、それこそ一日何十体と目にするのですが、滅多に出ないポケモンとなると、1週間に1体も出ないものや、ゲームを開始てしてから、一度もお目にかかったことがないポケモンなどもあって・・・

今となっては、ゲットできていないポケモンは、ほとんどがその滅多に出ないポケモンになっております。
その滅多に出ないポケモンをゲットしようと思うと、現在のバージョンではかなり困難を極めます。

アプリ単体でポケモンを探そうにも、近くにいるポケモンの表示だけでは、ヒントが少なすぎて積極的に探すことは困難。

ポケモンに遭遇した時に、ボールをうまくポケモンに当てることができるかという部分が、少しだけゲームっぽい気もしますが、時折ボールが変な軌道を描くことがあって、まっすぐ飛ばなかったりします。
しかもその変な軌道は、プレイヤーのプレイとは関係なく発生してみたり・・・
ゲームとしてプレイするには、理不尽とも思えたりします。

ボールを投げてポケモンに当たれば、あとはゲットできるかどうかはほとんど運次第というところは、ほとんどギャンブルです。

特に、今回発売された周辺機器「Pokemon GO Plus」を使うと、そのボールを投げてゲットするという唯一ゲームっぽい要素すらなくしてしまっております。

そうやって見て行くと、一般的に言われる「ゲーム性」というゲームをプレイして行く上での駆け引き的なものは皆無。
「二律背反」や「三すくみ」といったゲーム的な要素もなければ、ゲームを続けることでプレイヤーのウデマエが上達するような学習要素もありません。

せめてバトルの部分に、そういった要素があれば良かったのですが、現在実装されているジム戦は、ほとんど連打ゲームとなっております。
今後実装されるであろう対人戦も、現在と同じシステムだと、早々に飽きられしまう恐れも・・・

そして、何よりもポケモンをゲットするためには、歩かないといけない。

それまであまり外へ出て歩かなかった人が、ゲームっぽいアプリが出て来たことで、ちょっとやってみようかとプレイしてみたものの、これは思っていたものとはちょっと違うなぁと分かって、プレイしなくなって行く・・・
ゲームのように見えるけど、実際にはやりたかったゲームではなかったと。

なので、プレイもすぐに止めてしまったのではないかと。

反対に、ゲームを今でも継続している人はどんな人か?

続きを読む

「がぶ飲み レモンクリームソーダ」を飲んでみました

日常 食べ物

今日もコンビニで見かけた新しいドリンクを購入してみました。

買ったのは「がぶ飲み レモンクリームソーダ」という商品です。

ポッカサッポロ がぶ飲み レモンクリームソーダ 500ml×24本

ポッカサッポロ がぶ飲み レモンクリームソーダ 500ml×24本

通称「レモン牛乳」と呼ばれる「栃木レモン」とがソーダになったということです。

大阪に住んでいるので「栃木レモン」という商品自体にはあまりなじみがないのですが、名前だけは聞き知っており、どんな味なのか気になっておりました。

しかし、近くのコンビニやスーパーでその商品自体を見かけたことはなく、飲むことはできておりませんでした。

その「レモン牛乳」にちなんだ商品ということで、これは買ってみないとと早速購入してみました。

ラベルを見ると、「レモン牛乳」の味をイメージした商品となっており、実際の「レモン牛乳」は使われていないようです。

実際の「レモン牛乳」が使われていないのは残念ですが、大元の許可は出ているので、味としては近いものに仕上がっているのだろうと思いますが・・・

カロリーは100ml当たり31kcalなので、これ 1本(500ml)で155kcalです。

さて、飲んでみた感想です。

続きを読む

オオタカとツツドリと久しぶりのオオルリのオス(大阪城野鳥探鳥 2016/09/25 5:30-13:25)

大阪城の野鳥

本日の日の出時刻は5:48。
徐々に日の出が遅くなって来ております。

いつものように日の出前に大阪城へ到着。
前回の9/22に、最初に桜広場に回ったのが奏功したので、今日もツツドリに会えるかと思って、先に桜広場へ。

西外堀から南外堀を回って、前回は暗くて何も見れなかったものの、ついでとばかりに教育塔へ行ってみます。
案の定、辺りは暗くてほとんど見れません。
それでも何やら動き回る鳥影が見えるので、暗い中レンズを向けて撮影してみると・・・これはおそらくコサメビタキではないかと。
コサメビタキ
さすがに感度が高すぎて、判別が苦しい感じではありますが・・・

その後、桜広場へ到着。前回同様に元ヘリポートを覗くも何も見られず。
桜広場を回ってみても、今日はツツドリの姿はなし。

かろうじて見れたのは、おそらくキビタキのメスと思われる鳥影のみ。
キビタキ・メス

ツツドリはすでに抜けてしまったのかも・・・と少し落胆しつつ、飛騨の森へ。

飛騨の森へ到着して、すぐに北外堀をのぞくと、こちらも前回と同様にヒドリガモの集団。
ヒドリガモ
今日は4羽しかいませんでした。

キンクロハジロがいたのも前回と同様。
キンクロハジロ

カルガモの姿もありました。
カルガモ

飛騨の森の方はというと、秋虫の声が聞こえるものの、野鳥の声はシジュウカラぐらい。

かろうじてカワラヒワの鳴き声が聞こえたので、探すと木の上に。
カワラヒワ

あと声が聞こえたのはコゲラぐらいです。
コゲラ

鳥影をみかけたので、カメラを向けるも暗すぎてピントが合わず・・・
マニュアルで調整してみるも、見えないものにピントを合わせることは叶わず・・・多分キビタキのメス。
キビタキ・メス

さらには空抜けの逆光状態で撮影してみたのは・・・エゾビタキ。
エゾビタキ

そのすぐ近くにいたのはキビタキのオス。
キビタキ・オス

そして、メジロの姿も。
メジロ

私が大阪城で探鳥を通じて知り合った人は多くいるのですが、名前を知らない人がほとんど。
その内のお一人の方と久しぶりにお会いして野鳥のお話を少し。
少し話をした後、別れて再び探鳥を開始するとすぐ近くの木の上に止まっていたオオタカを発見。
オオタカ
急いでさきほど別れた方に声をかけて、一緒にオオタカを観察しました。
耳をかいたり
オオタカ

こちらの様子を伺うような仕草をしたり
オオタカ

発見してから3分ぐらい観察できましたが、その後飛び去ってしまいました。
この方とお話をしていなければ、もしかしたら見つけることが出来なかったかもしれませんね。

その後、梅林へ行くと、キビタキのオスがいました。
キビタキ・オス

コサメビタキの姿も。
コサメビタキ

豊国神社へ移動すると、キビタキのメスがいました。
キビタキ・メス
他にも2〜3羽ほど、野鳥が雑木林の中で木の上と地上を行き来していたのですが、きっちりと姿を確認できませんでした。

この時に、先ほどの男性と再会し、ハイタカを梅林で見かけたとのこと。
私も梅林へ行ったのですが、どうやら通るルートが違ったせいで、見れなかったようです。
今季はハイタカを一度も見ていなかったので、ちょっと残念。

さらにはメジロもいました。
メジロ

ヤマガラのような鳴き声を聞いたので、姿を探してみましたが、見つけることはできませんでした。
写真も撮れず、姿も見れていないので、もしかしたら、聞き間違いだったのかもしれませんが・・・

その後、配水池へ移動しようとしたところ、大将さんから西の丸でアリスイが出たとの情報。
気にはなったものの、小銭を持ち歩いていいないので、西の丸に入ることはできず・・・あきらめて配水池へ。
その後、アリスイは2羽いたと伺いました。

配水池でも今日は野鳥の姿が少なく、かろうじてキビタキのメス。
キビタキ・メス

配水池でひでキングさんとお会いして、少し野鳥のお話をしました。
hideking.sblo.jp
本日チョウゲンボウを目撃されたとのことでした。

その後、別れて自転車に乗って移動しようとしたところ、ひでキングさんが黒いアゲハチョウの写真を撮っている姿を発見。
そのままそっと通過しようと思ったら、その頭上にオオルリのオスがいるのを見かけたので、撮影&ひでキングさんに報告。
オオルリ・オス

それを撮影していると、突然ひでキングさんがツツドリを発見し、オオルリそっちのけでツツドリの撮影をすることに。
ツツドリ
ツツドリ
結構あっちこっちへ細かく枝移りしておりました。
ツツドリ
ツツドリ
ツツドリ
イメージ的には、トケン類は飛ぶと一気に移動するイメージだったのですが、細かく枝移りすることもあるんですね。
朝は見られませんでしたが、前回に続いて今日もツツドリに出会うことができたのは、結構ラッキーでした。

豊国神社へ戻ってくると、上空のかなり高い位置に何やら猛禽類っぽいシルエットを発見。
一応撮影してみましたが、残念ながらこの写真だけでは、ちょっと判断できませんね。
猛禽類?

桜広場では、コゲラを見ました。
コゲラ

沖縄復帰の森ではキビタキのメス。
キビタキ・メス

エナガの群れ。
エナガ

コゲラが2羽。
コゲラ

ムシクイも混ざってました。
ムシクイ

市民の森では、メジロ
メジロ

エナガの群れもいました。
エナガ

人工川にはアオサギがいました。
アオサギ

教育塔にはムシクイの姿。
ムシクイ

ヒヨドリが水浴びしておりました。
ヒヨドリ

そして、コサメビタキ・・・早朝に見かけた個体と同じ個体かもしれません。
コサメビタキ

本日もツツドリに出会えて、先週以来のオオタカにも遭遇し、結構良い感じの鳥見となりました。

ツツドリのおかげであまり撮ることができませんでしたが、久しぶりにオオルリのオスにも出会えたのも良かったかなぁと。

情報だけ聞いて、見ることができなかったハイタカ、アリスイ、チョウゲンボウも見れるとさらに良かったのですが・・・さすがにそこまで望むと、ちょっと贅沢かもしれませんね。

本日の写真は以下からご覧いただけます。
大阪城探鳥(2016/09/25) | Flickr

続きを読む

3万円台で買えるライカ「Leica Sofort(ライカ ゾフォート)」が悩ましい

日常 時事ネタ MONO デジカメ

Lecia(ライカ)と言えば、個人的には高級なカメラを出しているメーカーというイメージがあります。

たとえ同じものであったとしても、「Leica」のロゴが入っているだけで、どことなく高級感があるような気持ちになり、物としての所有欲を満たしてくれるメーカーだと感じております。
発売されているデジカメやレンズについても、実際には Panasonic が中身を作っているとしても、Leica(ライカ)ブランドでリリースされると、突然価格が上がってしまうことも。

中身的にはほぼ同じデジカメでも、製造している Panasonic ブランドと、OEM供給を受けて販売しているLeicaブランドでは、数万円ほど後者の方が高くなります。

それでも売れているところをみると、やはり「Leica」ブランドは、私自身も含めて、多くの人から信頼されているんだなぁと思います。

さて、その高級路線のカメラをリリースしている「Leica」から、ドイツのケルンで開催されたカメラのイベント「フォトキナ2016」で新しいカメラが発表されました。
しかも、その価格は3万円台と、いつもよりもお安め価格。

商品の名前は「Leica Sofort(ライカ ゾフォート)」。
2016年11月に日本でも発売予定で、なんと定価が税込みで 34560円。

カラーはオレンジ・ミント・ホワイトの3色。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ライカ ゾフォート オレンジ 《2016年11月発売》
価格:32830円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ライカ ゾフォート ミント 《2016年11月発売》
価格:32830円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ライカ ゾフォート ホワイト 《2016年11月発売》
価格:32830円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)


3万円台であこがれのブランド「Leica」のカメラが持てるんです。

といっても、デジタルカメラでもなければ、35mmや中判サイズのフィルムカメラでもない。
なんと富士フィルムが出している「チェキ」シリーズなどと同じ、インスタントカメラです。

使用するフィルムは富士通の「チェキ」と同じ instax mini 用のフィルムです。

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ用フィルム 20枚入 INSTAX MINI WW 2

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ用フィルム 20枚入 INSTAX MINI WW 2


専用のケースなんかも一緒に発売されるそうです。


続きを読む

靭公園で白いキノコ

日常

9/21水曜日に大阪の本町にある靭公園へ立ち寄った際。

公園の中央にある花壇の中で、巨大な白いキノコが生えておりました。

せっかくなので、持っていた iPhone で撮影してみました。

あまりにも堂々とした佇まいだったので、最初見かけた時は、てっきり花壇で育てているのかと思ってしまうほど。

実際にはそばにあった植物が本来植えているものだと思うのですが・・・あまりにもそこに群生していたので、白いキノコを栽培しているのかとも勘違いしそうな状態でした。

全部で5つほど、手のひらぐらいの大きさのキノコが生えておりました。

実際には、「スヴニール ドゥ アンネ フランク」というバラの一種が植えられている場所なのですが・・・

この1週間雨が多かったので、生えてきたのかもしれませんが、あまりにも巨大に育っているのにびっくりしてしまいました。

ただ、キノコにはまったく詳しくないので、なんと言うキノコなのか分かりませんが・・・

続きを読む

ツツドリ、ホオジロ、エゾビタキ(大阪城野鳥探鳥 2016/09/22 5:30-13:05)

大阪城の野鳥

本日も前回に続いて雨予報。
前日寝る前に時間ごとの予報をiPhone で確認すると、朝から一日中雨となっておりました。

Apple au iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

Apple au iPhone6 A1586 (MG4C2J/A) 128GB シルバー

それでも、もしかしたらと5時に目覚ましをかけておいたところ、起床したら雨は降っておらず。
iPhone の予報ではすでに雨なのですが・・・
このところ天気予報がイマイチ当てにならない状況です。

曇り空ではありますが、雨が降っていないので、早々に大阪城へ向かいます。
本日の日の出時刻は5:45。
5:30には大阪城の西外堀に到着。

今日はどうしても、前回見れなかったツツドリが見たいので、到着後、ツツドリのエサの毛虫が多そうな城南地区へお堀の外周を回って向かいます。
しかし、ツツドリの姿はなし。

ついでに、教育塔も覗いてみますが、暗すぎて何も見られず。
ヒヨドリの鳴き声が聞こえるのみ。

さらには、ここ数日見られていると聞いていた元ヘリポートを覗いてみるものの、ここにも見られず。

すでに抜けたかなぁと思いつつ、桜広場を移動してみると、オオルリのメスがいました。
オオルリ・メス

さらには、エナガの群れとも遭遇。
エナガ

群れの中にはムシクイもいました。
ムシクイ

群れと一緒に移動しているのか、たまたま同じところにいたのかコサメビタキの姿も。
コサメビタキ
ピントがイマイチ合っておりませんが・・・

そのエナガの群れを追っていると、奥の少し高い樹の上に、なにやら大きめの野鳥の姿。
カメラをそちらに向けると・・・なんと念願のトケンでした。
おそらく最近見られているツツドリだと思うのですが・・・トケン類は見ても自信をもってコレと言えません。
ツツドリ
ツツドリ
同じ枝のに止まって、あたりを見回したりしておりました。
ツツドリ
私が見ていただけで15分以上その場に止まっておりました。

あまりにも動かないので、別の角度から撮れるのではないかと回り込み、横から撮ろうとしたら・・・

枝が邪魔できれいに撮れませんでした。
ツツドリ

ツツドリが一向に動かないので、私は途中でその場を立ち去りました。
ツツドリ

桜広場から飛騨の森へ移動する途中、メジロがさえずっておりました。
メジロ

飛騨の森へ到着してすぐに、北外堀をのぞくと、キンクロハジロの姿。
キンクロハジロ

さらには、集団で同じカモの姿・・・ヒドリガモが6羽いました。
ヒドリガモ
私は今季初めて見ました。
いよいよカモも渡って来たようです。

観察していると、対岸の何かに驚いて、一斉に飛び出しましたが、再び少し離れた位置に着水しておりました。
ヒドリガモ
このまま越冬してくれるのでしょうか。

そして、飛騨の森の方にはコサメビタキ
コサメビタキ

ムシクイの姿も。
ムシクイ

その後、北外堀の方を西の丸の方へ飛び去る猛禽類の姿を見たので、もしかしたらどこかに止まってくれるかと慌てて追いかけたのですが、姿を見失ってしまいました。
昨日、飛騨の森でヨタカが観察されたと聞いていたのですが、お腹は白っぽかったので、ヨタカではなかったと思います。
おそらくオオタカか、ハイタカか・・・写真が撮れていないのが残念です。

その他にキビタキのメス。
キビタキ・メス

キビタキのオスもいました。
キビタキ・オス
キビタキ・オス

その後、梅林へ移動すると、コサメビタキの姿。
コサメビタキ

そして、桜広場との間の雑木林の端の方の地面に、沢山のスズメが集まっていたので、ほのぼのとしていたら、そこから1羽だけ枝の上に飛び上がった野鳥がいました。
スズメかなぁと思いつつ、念のためにとカメラを向けてみると、どうも少しスズメにしては違和感を感じます。
ホオジロ
枝に邪魔されて、まともに姿を見れないので、何とか撮影しようと場所を移動していると、そのうちさえずり始めます。
この声はもしかして・・・と焦りつつ、何とか顔も見えるところまで移動して撮影してみたら、ホオジロでした。
ホオジロ
大阪城ではホオジロは案外飛来することが少ないので、なかなかラッキーでした。
ホオジロのさえずりを聞いて、桜広場側にもカメラマンが数人いたようなので、もしかしたら桜広場から撮影した方がキレイに撮れているかもしれませんね。

カワラヒワもいました。
カワラヒワ

さらには、コサメビタキかなぁと思ったら、エゾビタキもいました。
エゾビタキ
しかも、2羽も。
エゾビタキ

距離感としては、こんな感じで止まっておりました。
エゾビタキ
2羽ともこちらを向いてくれていれば、分かりやすかったのですが、どちらも向こうを向いて、少し残念な感じです。

豊国神社へ移動すると、ここにもキビタキのオスがいました。
キビタキ・オス
同じ雑木林の中に、2羽は確認できました。

そして、多分キビタキのメス・・・もしかしたら、オオルリのメスかも。
キビタキ・メス

コサメビタキもいました。
コサメビタキ

こちらは確実にキビタキのメス。
キビタキ・メス

ここにもエゾビタキがいました。
エゾビタキ

配水池へ移動すると、地面近くをムシクイがちょこまかと動いておりました。
ムシクイ

そして、おそらくオオルリのメス。
オオルリ・メス

コサメビタキの姿もありました。
コサメビタキ

日本庭園へ移動すると、マガモかアオクビアヒルか・・・おそらくマガモかと思います。
マガモ

さらには、キビタキのメスと思われる個体。
キビタキ・メス

再び豊国神社へ戻ると、キビタキのメス。
キビタキ・メス

オオルリのメス。
オオルリ・メス

エナガの混群の中にはムシクイの姿も。
エナガ
ムシクイ

コサメビタキも一緒に動いていたようにも見えますが・・・
コサメビタキ

残念ながら、混群の中にサンコウチョウの姿は見られませんでした。

桜広場へ移動すると、こちらでもコサメビタキ
コサメビタキ

市民の広場では、エナガの群れと遭遇。
エナガ

人工川ではコゲラ
コゲラ

教育塔にもコサメビタキがいました。
コサメビタキ

本日は、どうしてもツツドリを見ておきたかったので、先に城南地区を回って桜広場へ行ったのが奏功し、無事に撮影できました。
トケン類は結構警戒心が強く、人が多いと撮れなかったりするので、人通りの少ない朝早いタイミングで見に行くのが正解ですね。
ただ、今日のツツドリは案外警戒心が弱いらしく、私の姿が見えていたと思うのですが、一向に逃げる気配がありませんでした。

さらには、大阪城ではあまり見られないホオジロが見れたのも収穫でした。

エゾビタキも3羽見かけましたし、カモ類の飛来も確認できたので、かなり充実した探鳥となりました。

何よりも、帰宅するまで天気が崩れなかったのが、ここ最近では一番ありがたかったりするのですが・・・

本日の写真は以下からご覧いただけます。
大阪城探鳥(2016/09/22) | Flickr

続きを読む

Panasonic「DMC-G8」が発表されていました

デジカメ 時事ネタ

本日、到着していたメールを確認していると、登録しているパナソニックのモニター販売商品の中に、「Lumix DMC-G8」という表示が。

デジカメ関係のニュースサイトをほぼ毎日チェックしておりましたが、そういう表記を見た覚えがありません。
dc.watch.impress.co.jp

まさかと思って、メーカーのサイトを覗きに行ったところ・・・確かに商品ページが出来ておりました。
panasonic.jp

2016年10月下旬発売だそうです。


個人的には、前モデル「DMC-G7」が非常に気になっていただけに、今回の新モデルについても、結構気になってサイトを確認してみました。
前モデルとの主な違いとしては、

  • 防塵防滴仕様になった
  • 5軸手ブレ補正が搭載された
  • EVFの倍率が0.74倍に上がった(G7は0.7倍)
  • ローパスフィルターレスになった
  • マグネシウム合金製フロントケース

というところでしょうか。
結構性能的には上がっているように思えます。

続きを読む