読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

PS3「レッド・デッド・リデンプション コンプリート・エディション」が未だにクリアできません

ゲーム 日常

先日購入して、プレイしているPS3レッド・デッド・リデンプション コンプリート・エディション」。

購入してから、結構時間が経っているのですが、未だにクリアできておりません。
ken-s.hateblo.jp

ボリュームが多いからというわけではなく、ゲームの難易度が高いというわけでもなく、ゲームをプレイする時間が取れないからというわけでもありません。

最後までプレイした訳ではないので、最終的なゲームのボリューム感については多いかどうかは分かりませんが、行ける場所的には、2エリア目というか、2ヶ国目に入っているので、そろそろ折り返しかなぁと思っていたりはします。

ゲームの難易度についても、1度ではクリアできないイベントもありますが、基本的にはそれほど難易度は高くないと思います。
いざとなれば、「レッドアイ」で敵の動きを遅くして対応すれば、大抵の撃ち合いでは負ける事はありません。

ゲームをプレイする時間が取れないほどばたばたしていたかというと、そうではなく、プレイしようと思えばプレイできるのですが・・・
現在は中だるみ状態というか、イマイチ積極的にプレイをしたいと思わなくなっております。

ゲームを開始した直後は、オープンワールドのゲームなので、マップ上の色々な所へ行ったりしてみました。

マップ上で薬草を摘んだり、野生動物から素材を剥いだり、死体からお金を物色したりもできます。

移動している途中、そこに登場するNPCからランダムなイベントも発生します。
ならず者に教われている馬車を助けたり、馬泥棒から馬を取り返したり、動物の革を取ってきて欲しいと頼まれたり、捕まった人を助けてほしいと頼まれたり・・・

町の中ではカードゲームをプレイできたり、賞金がかけられたお尋ね者を退治することもできます。

プレイを始めた時には、西部開拓時代の雰囲気で、そこそこ楽しいと思っておりました。

しかし、プレイしているうちに、そういうことが徐々に飽きてきてしまって、プレイする時間をあまり取らなくなりました。

続きを読む

ucc「BEANS & ROASTERS DARK LATTE」を飲んでみました

日常 食べ物

セブンイレブンでは、毎月のように特定のドリンク類が通常よりも安く買えるキャンペーンが開催されております。


通常は150円ぐらいのドリンクが、129円+ nanacoポイント10ポイントというお買い得なキャンペーンです。
キャンペーン対象のドリンクは毎月入れ替わっていて、個人的に好きなコーヒーが安くなるとうれしかったりします。

先月はいつも飲んでいるコーヒーがキャンペーン対象になっていたので、ほぼそれしか買っておりませんでした。

しかし、月が変わってから、対象商品が変わって、今月は残念ながらいつものコーヒーは対象商品から外れてしまいました。

ということで、せっかくなのでキャンペーン対象商品から、気になるものを飲んでみようかなぁとドリンク棚を見渡してみました。

そして、本日手に取ったのは「BEANS & ROASTERS DARK LATTE」というコーヒー。

以前このシリーズの違う商品を飲んで、それなりに美味しいと思ったので、こちらも試してみようかなぁと購入してみました。
ken-s.hateblo.jp

パッケージは相変わらず可愛らしい感じです。

カロリーは100mlあたり36kcal で、これ1本(375ml)で135kcalほど。

早速開栓して飲んでみる事に。

続きを読む

靭公園でツグミ・シロハラ(靭公園探鳥2016/11/21-2016/12/02)

大阪城以外の野鳥

平日毎日の日課となっているお昼時の靭公園での30分探鳥。

あまり時間がないので、1日に見れる野鳥の種類は結構限られております。

毎日アップするのも何なので、ある程度まとまった段階で、定期的にアップできればと思っております。

前回アップしてからの探鳥結果を、まとめてみたいと思います。
ken-s.hateblo.jp

いつものように、撮影に使っている機材は、毎日持ち歩いているSONYコンデジ「DSC-HX90V」です。

デジタル一眼に比べて、ビューファインダーとセンサーの位置にズレがあるため、野鳥をファインダーに収めるのが難しく、フォーカス速度も遅いのでとっさの撮影はなかなか出来ず、撮影チャンスを逃すことが多いです。

それでも、通常のコンデジスマートフォンに比べれば、光学ズームは720mm相当で、カバンの中に入れることができるほどコンパクトなのに、何とか野鳥撮影はできるので便利です。
このデジカメがなければ、おそらくお昼時間に探鳥をしようとは思わなかったのではないかなぁと。

ちなみに、掲載している写真は全てノートリミングでそのまま撮って出し状態です。

とりあえず、今回見かけて撮影できた野鳥のまとめです。

続きを読む

淀川野鳥探鳥 2016/12/04 6:30-10:50

大阪城以外の野鳥

本日は淀川まで、野鳥探鳥へ行ってきました。

せっかく EOS 7D MarkII を借りているので、色々な野鳥撮影のシチュエーションを試してみたいというのが一つ。
ken-s.hateblo.jp

そして、もう一つは前回撮れなかったベニマシコを今度こそ撮りたいから。
ken-s.hateblo.jp

本日の日の出時刻は6:49で、いつものように日の出前に毛馬閘門へ到着。

こちらから近い水面に浮かんでいたのはオオバンヒドリガモホシハジロ、少し遠い位置にキンクロハジロもいました。
オオバン・ヒドリガモ
壮年夫婦がやって来て、カモ達にエサをやっていたので、人口密度ならぬ、鳥口密度はかなり高くなっておりました。
日の出前だったので、高感度でもシャッタースピードが稼げないので、少しブレております。

ハクセキレイも結構沢山いました。
ハクセキレイ

カンムリカイツブリも少し離れた位置にいましたが、数は少なめです。
カンムリカイツブリ

イソシギは2羽いました。
イソシギ

地面に落ちていた何かを咥える姿も。
イソシギ

ツグミが1羽地面に下りて採餌中でした。
ツグミ

土手の上でスズメが一気に飛び立つので何かと思ったら、猛禽の姿。
近くの草むら付近で見失ったので探していたら突然飛び去ってしまいました。

何とか撮れたのはこんな写真・・・ハイタカかなぁ? という感じです。
ハイタカ?
ハイタカ?

さらにはユリカモメも飛んでおりました。
ユリカモメ

カワセミも比較的近いところに止まってくれました。
カワセミ
カワセミ

ジョウビタキのオスもいました。
ジョウビタキ・オス

モズも何羽か見かけました。
モズ

土手は草が刈られていて、そこへ沢山のスズメがエサを探しておりました。
何かの拍子にその大量のスズメが一気に飛び立ったりします。
スズメ

ジョウビタキのメスもいました。
ジョウビタキ・メス

上空をミサゴも飛んでいました。
ミサゴ

声は聞こえていたのですが、なかなか姿を見せてくれなかったアオジも何とか撮れました。
アオジ

そして、少し背の高い木の中に、何羽かの野鳥が行き来しておりました。
声を聞いていると、ベニマシコもいるようです。

そのうちの何羽かを撮影してみました。
多分これはウグイスではないかと思います。
ウグイス

メジロも数羽いました。
メジロ

そして、ようやく見つけたのがベニマシコのメスです。
ベニマシコ・メス
ベニマシコ・メス
ベニマシコ・メス
とりあえず、本日の目的の1つであるベニマシコが撮れたので良かったかなぁと。

他にアオジらしき野鳥の姿も見えましたが、手前の葉や草にピントが取られ、ピントが合った時には逃げられておりました。

その後、カイツブリも見かけました。
カイツブリ

そして、再びカワセミを撮れました。
カワセミ
カワセミ

ダイサギもいました。
ダイサギ

バンも2羽いました。
バン

そして、本日3度目にして、最接近状態のカワセミです。
カワセミ
カワセミ
カワセミ
何枚か撮影させてもらった後、エサ取りの邪魔をしたらいけないと思って、その場を後にしました。

コガモもいました。
コガモ

そして、自転車を取って戻って来ると、まだカワセミが同じところに止まっていました。
カワセミ
カワセミ
10分ぐらい経っていたのですが、まだ同じところで粘っておりました。

撮影していると、近くにノラ猫がやって来て、カワセミの方へと歩いて行くのを目撃したので、これはマズいかと思って、私もカワセミに近づくと、そのまま飛び去って行きました。

その後、野良猫池の方へ向かっている途中、再びベニマシコの声が聞こえました。
どこか近くにいるのかと探しても、いるのはスズメばかり。
それでも声はするので、多分いるはずと探していると、茂みの中から飛んで目の前の木に止まってくれました。
ベニマシコ・オス
しかも、多分これはベニマシコのオスです。
ベニマシコ・オス

手前の枝が邪魔だなぁと思っていたら、さらに少し上の枝に飛んで止まってくれました。
ベニマシコ・オス
ベニマシコ・オス

そして、野良猫池にもバンがいました。
バン

カンムリカイツブリはやはり少し遠いです。
カンムリカイツブリ

そして、ユリカモメよりも大きなカモメが飛び去って行くのを見かけて、撮影してみました。
セグロカモメ?

横向きの姿はかなり遠くなってからしか撮れませんでした。
セグロカモメ?

このカモメは・・・セグロカモメの幼鳥でしょうか?

そして、毛馬閘門まで戻ってくると、陸に上がってヒドリガモが何やら採餌中。
ヒドリガモ

何だかのどかだなぁと思っていたら、急に全羽が飛び出して、淀川の水面へ着水。
どうしたのかと周りを見ても、人におどかされた様子はありません。

となると、考えられるのは・・・と空を見上げると、やはりいました何かの猛禽類です。

少し距離がありますが、何とか撮影してみました。
猛禽類
猛禽類

家に帰ってからPCで確認したところ、足にネズミのような何かを掴んでいて、その掴んでいるものを飛びながら食べているようなポーズも見られました。
猛禽類
猛禽類
でも、何の野鳥かまではちょっと分かりませんでした。

とりあえず、トリミングでそれぞれの写真を拡大したものがこちらです。
f:id:KEN-S:20161204161436j:plain
f:id:KEN-S:20161204161443j:plain
f:id:KEN-S:20161204161451j:plain
f:id:KEN-S:20161204161456j:plain

顔を見るとチョウゲンボウのようにも見えますが、それにしてはかなり大きかったようにも思いますし・・・
オオタカサシバノスリ? 顔の模様を見ると、クマタカのようにも・・・って、それはないかな?
もし分かる方がいらっしゃれば、是非ご教授いただければ幸いです。

とりあえず、今日は見たかったベニマシコが見れてラッキーでした。
さらにカワセミが活発に活動していたのか、3度も出会え、最後はかなり近い位置で見れたのも良かったです。

EOS 7D MarkII のテストについては、上空の飛びものを何枚か挑戦してみましたが、イマイチピントが甘いような感じ。
もう少しピントの調整をしないといけないのか、AFの設定を変えてみないといけないのか、それとも手ぶれなのか・・・まだまだ試行錯誤は続けないといけない感じですね。

本日の写真は以下からご覧いただけます。
ベニマシコ・オス

続きを読む

EOS 7D MarkIIのモニターテストを兼ねて(大阪城野鳥探鳥 2016/12/03 6:15-14:35)

大阪城の野鳥 デジカメ

本日は、先日到着した EOS 7D MarkII の無料モニター機を使って、撮影のテストを兼ねての大阪城探鳥です。
ken-s.hateblo.jp

本日の日の出時刻は6:48。
少々気負いすぎたのか、日の出前のかなり早い時間に到着してしまいました。

西外堀で真っ暗な状態で水鳥の姿を探しますが、到着してすぐにはほとんど見れず。
ざっと確認した後、本日は北外堀の外周を回ってみることに。
というのも、つい3日ほど前から、大阪城の北外堀にタカサゴクロサギというかなりの珍鳥が到来していて、昨日も見られているそうなのです。

そんな珍鳥なら是非見てみたいと回ってみました。

その途中で何とか見れるレベルで撮影できたのがジョウビタキのオスぐらい。
ジョウビタキ・オス

他は暗すぎてほとんどうまく撮れておりませんでした。

京橋口から青屋門まで北外堀の外周を回ってみましたが、タカサゴクロサギを見つけることはできませんでした。

あきらめて、飛騨の森へ。

飛騨の森ではツグミがいました。
ツグミ

ジョウビタキのオスが2羽で追いかけあい。
ジョウビタキ・オス

シロハラが地上で採餌中。
シロハラ

コゲラがいました。
コゲラ

メジロも数羽の群れを見かけました。
メジロ

シメも2羽いました。
シメ

北外堀沿いにもジョウビタキのオスが1羽いました。
ジョウビタキ・オス

飛騨の森を移動中でも、北外堀にタカサゴクロサギを探しますが見つからず。
代わりにキセキレイがいました。
キセキレイ

アトリの群れもいました。
アトリ

カワラヒワもいました。
カワラヒワ

エナガの群れもやってきました。
エナガ

ここまで撮影して、撮った写真を Twitter にアップするために iPhone で確認していたのですが、どうもイマイチ画像としてスッキリしない感じがしておりました。
もしかしたら、カメラが重くなったから手ぶれが発生しているのか、それとも実際にピントが合っていないのか・・・
それを確認するために写真を見ていると、先ほど撮影したシロハラの写真を見て1つ確信したことが。
その写真がこちら。
シロハラ
中央のスポット1点で測距していて、オートフォーカスで撮影した写真のはずですが、何故かピントは合わせたはずのシロハラではなく、手前の石垣に合っております。

シロハラが移動していたとしても、手前の石垣に合うのはどう考えてもおかしい、前ピン状態です。
このままでは、ピンぼけ写真をさらに量産することになってしまいます。
かといって、全てマニュアルで調整していくには、少々厳しいものがあります。

ということで、梅林へ移動した後、梅林の柵に貼られたロープを使って、カメラのAFマイクロアジャストメント機能を使ってピントの調整を行いました。
厳密にやろうと思うと、専用の機械などが必要になります。

しかし、その場しのぎでも今よりもマシになればと簡易的に調整してみました。

その後、メジロを撮影したところ、とりあえずピントは合っているような感じです。
メジロ

ピントは合っているように見えますが、画像がイマイチすっきりしない気がするので、帰宅してからPCで確認したら、どうやらこれは手ぶれが原因のようです。
やはり、カメラが重くなったからかなぁと思ったのですが、写真のデータを見て原因の一端が判明。
シャッタースピードが1/500となっておりました。
私は通常撮影する際には、ISOもオートに設定しております。

これまで、EOS KISS X7 で撮影していた時には、シャッタースピードは 1/640 以上になるようにISOが切り替わってっておりました。
そのおかげで、400mmレンズ(35mm換算時の焦点距離 640mm)に対して、シャッタースピード 1/640 で、何とか手ぶれせずに撮影できていたのです。

ところが、EOS 7D MarkII の場合は、画質を優先するためか、どうもシャッタースピードが 1/500 になったりすることがあるようです。
カメラが重くなって、シャッタースピードが遅くなれば・・・手ぶれも出るなぁと帰宅してから気付きました。

そして、カメラのマニュアルを取り出して、このオート撮影時のシャッタースピードの調整ができないかを調べてみたら・・・ありました。
ISO感度に関する設定」の中の「ISOオート低速限界」の項目です。

普段使っている初級機の EOS KISS X7 の場合は、こういう設定がない代わりに、誰にでも使えるように設定されているようですが、上級機の EOS 7D MarkII ともなると、細かなカスタマイズができる反面、初期設定のままでは使いにくいこともあるということのようです。

これは、試行錯誤を繰り返して、自分の使いやすいようにカスタマイズを突き詰めて行くことで、自由自在に使えるようになるということでしょうか。
初級機と上級機の違いが理解できていないと、いざ買った時には全く使いこなせないということになるかもしれませんね。

さておき、その後梅林ではツグミが見られました。
ツグミ

アトリが1羽メジロの群れに混じっておりました。
アトリ

ジョウビタキのオスもいました。
ジョウビタキ・オス

少し遠目ですが、ウグイスもいました。
ウグイス

シロハラもいました。
シロハラ

その後、豊国神社へ移動。
ハクセキレイがいました。
ハクセキレイ

アオジが2羽通路に出ておりました。
アオジ

ウグイスもいました。
ウグイス

カワラヒワの姿もありました。
カワラヒワ

修道館にもアオジがいました。
アオジ

その後、配水池へ移動。
メジロがいました。
メジロ

日本庭園へ移動すると、アオサギ
アオサギ

コサギもいました。
コサギ

ハクセキレイもいます。
ハクセキレイ

池のそばにウグイスもいました。
ウグイス

アオジもいました。
アオジ

ピントが手前の枝に持って行かれておりますが、カワセミもいました。
カワセミ

コサギが少し飛んだところを追ってみました。
コサギ

こういう動きものにピントが合ってくれるのは、EOS 7D MarkII の良いところですね。
ちなみに、測距エリアはラージゾーンです。

修道館へ戻ると、ジョウビタキのメスがいました。
ジョウビタキ・メス

ハクセキレイもいました。
ハクセキレイ

桜広場ではモズがいました。
モズ

ピース大阪では、多くのカメラマンがいて、カメラの先にはニシオジロビタキがいました。
ニシオジロビタキ
前回はまだウロウロと飛び回っていたのですが、今はすでに餌付けされていたようです。

市民の森へ移動すると、シロハラがいました。
シロハラ

水飲み場では、ジョウビタキのオスがいました。
ジョウビタキ・オス

その後、アトリもやって来て、ジョウビタキを追い払っておりました。
アトリ

シメもいました。
シメ

ツグミもいました。
ツグミ

メジロの群れもいました。
メジロ

カワラヒワもいました。
カワラヒワ

教育塔へ移動すると、ヒヨドリの声が騒がしい中、シロハラが1羽だけいました。
シロハラ

その後、西外堀へ戻り、さらにもう一度だけと北外堀を覗きましたが、タカサゴクロサギは見られませんでした。
相性が悪いのか、鳥運が悪いのか・・・すでに去ってしまったのか・・・非常に残念な感じです。

そして本日はモニターで借りれたカメラ EOS 7D MarkII を使っての野鳥探鳥&撮影でした。

不慣れなカメラのため、カメラの設定に振り回されて、写真的にはイマイチとなってしまいました。
さらには、タカサゴクロサギを探す為に、いつもと違うルートで回ったので、見れた野鳥も少ない感じでした。

ただ、今日一日 EOS 7D MarkII を使った感じでは、自分好みにカスタマイズすることで、使い勝手はかなり良くなりそうな手応えはありました。

ボタンのサイズや位置、設定できる内容なども使いやすいと感じられました。
ファインダーもかなり見やすく、撮影しやすい感じです。
使用する前に心配していた重さについても、持ち運び時には気にはなりませんでしたし、最後の方に疲れてカメラを向けたくなくなるということもありませんでした。
電池の持ちについても、モニター用で使い込まれた状態のものですが、Eye-Fiで写真を iPhone に転送しても、ギリギリ最後まで持ちました。

前ピンでフォーカスが合わなかったり、シャッタースピードの加減で手ぶれ写真が多かったり、AFカスタム設定によるものか妙なところでフォーカスが迷ったりもしましたが、設定を調整すればもう少しマシなものになって来るかなぁと。

何より、ラージゾーンAFで飛びものを狙った時に、きっちりとピントを合わせようとしてくれるところが素晴らしいですね。
ラージゾーンAF、AIサーボAFで高速連写した時の感覚は、撮っていてクセになりそうでした。
ただし、今回は未調整状態で前ピン気味だったので、合焦マークが出ていてもピントが合っていない写真も多かったですが・・・

あと、使っていて何よりも便利だと思ったのは、初級機とは違って、カスタム撮影モードを設定できる点でした。
通常撮影時用(スポット1点AF、ワンショットAF、1枚撮影、スポット測光)と、飛びもの撮影用(ラージゾーンAF、AIサーボAF、高速連続撮影、評価測光)をあらかじめ登録しておけば、1度のダイヤル操作だけで瞬時に設定を切り替えることができるのは使い勝手がかなり良かったです。
これが EOS KISS X7 だと、いちいち設定を4カ所変更しないといけないので、とっさに対応するのは難しく、飛びモノでもそのまま通常撮影時用の状態で撮影することになり、なかなかピントが合った写真を撮れなかったりします。

借りている20日間で、さらに自分に合ったカスタマイズを見つけて、もっと使いこなしたいと思います。
20日後には、もしかしたら快適すぎて手放せない状態になって、元のEOS KISS X7 に戻れなくなっているかもしれませんが・・・

本日の写真は以下からご覧いただけます。
キセキレイ

続きを読む

新しい電子レンジ Panasonic「NE-MS232」到着

MONO 日常

使っていた電子オーブンレンジの電子レンジ機能が昨日使用できなくなってしまいました。
ken-s.hateblo.jp

これまで使えていたものが、使えなくなると不便。
我が家では結構コンビニを利用していて、お弁当などを買って来ては家の電子レンジで温めておりました。

コンビニのお弁当であれば、コンビニで温めてもらえば一応は大丈夫なのですが、すでに買っている冷凍食品などを食べようと思うと、やはり電子レンジは必要。
電子レンジがない状態というのは、今のご時世では少々考えられないので、昨日のうちに新しい電子オーブンレンジを注文しました。

そして本日、注文していた Panasonic「NE-MS232」が無事に到着しました。

製品のパッケージそのままで、外側は特に梱包されずに届きました。

早速開封して、セッティングしていきます。

続きを読む

電子レンジが壊れてしまいました

MONO 日常

今朝、妻が朝食のホットドッグを作るために、冷凍していたソーセージを解凍しようと電子レンジに入れ、スイッチを入れたところ、しばらくして終了音がならずに、電子レンジが動作を停止しました。

解凍も終わっていない状態で、表示パネルにも特に異常は見られません。
瞬電でも発生して、電子レンジが止まったのかと再度解凍を開始してみたところ、表示パネルに「H54」という表示が。

何らかのエラーが発生した様子。

電子レンジの取消ボタンを押して、再度解凍を開始してみたら、今度は表示パネルに「H56」という表示。

電子レンジのマニュアルを探して、エラーへの対応方法を調べてみたところ、一度電源コンセントを抜いて、再度試してみるようにとのことだったので、指示通りに試してみても・・・相変わらず「H56」という表示が出たまま。

「H56」というエラー表示が一体何を表すのかと調べてみたら、どうやら何かの部品が故障してしまったようです。

とりあえず、ソーセージはフライパンで炒めて、パンに挟んだあと、試しにグリル機能を使ってみたら、こちらは問題なく動作しました。

どうやら電子レンジ部分に関わる部品が、故障しているようです。

購入してから、それほど年月が経っていないと思ったので、製造年度を確認すると、「2011年」と表記されておりました。

確かに、毎日のように使ってはおりましたが、わずか5年ぐらいで壊れてしまうのも、何だかなぁと思ってしまいます。

我が家の実家にある電子レンジは、電子レンジの機能しか付いておりませんが、すでに20年以上庫内の電気がつかなくなった以外に大きな故障もなく動作していることを考えると、新しい機種なのに、耐久年数が短すぎるような気がします。

最近の日本製の家電は、余計な機能をごちゃごちゃと付けすぎているのではないかなぁと。
冷蔵庫にしても、洗濯機にしても、必要最低限の機能だけを備えたものがほとんどなくて、あまり必要と思えない機能を付加価値として追加して、価格が高くなっているのは、個人的には受け入れにくいと思っております。

さておき、さすがに電子レンジが使えないという状況は非常に困ります。

続きを読む