おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「Pokemon GO」で伝説のポケモン実装・・・そして卒業を決意

昨日(2017年7月23日)から、「Pokemon GO」にて、伝説のポケモン「ルギア」と「フリーザー」がレイドバトルのモンスターとして登場するようになりました。
伝説のポケモンが世界各地で出現! - Pokémon GO

実際に昨日から、ジムの上に「ルギア」や「フリーザー」が乗っている光景を何度か目にしました。

私もチャンスがあれば、挑戦しようと思っておりました。
そして、本日、そのチャンスに恵まれ、実装されたばかりの伝説のポケモンフリーザー」と対戦してみました。

レイドバトルを行うには、1日に1つしか入手できないアイテム「レイドパス」を消費します。
「レイドパス」がないと、レイドバトルに参加することはできません。
そして、「フリーザー」に限らず、レイドバトルに登場するモンスターはかなりの強敵です。
1人ではとても勝つことはできません。
同じ時間に同じ場所にいる他のプレイヤーと協力して、ようやく倒せるかどうか。

実際に挑戦したのですが、

1戦目は時間切れとなって、敗北してしまいました。

幸い、私が持っていたレイドパスは、数日前に入手したきりで使っていなかったものだったので、フリーザーが出現したジムで、その日に手に入るレイドパスをもらって、再挑戦することができました。

そして、気を取り直して2度目の挑戦です。

今回は着実にダメージを与えることができ、他のプレイヤーさんのおかげで見事フリーザーを倒す事ができました。

レイドバトルでポケモンを倒した後は、いよいよポケモンのゲット画面です。

もらえたプレミアムボールは9つもあります。

これだけあれば、きっとゲットできるはずと「フリーザー」のゲットに挑戦。

念のためにゲットしやすさを上げる実も毎回使います。

1回目失敗、2回目失敗、3回目失敗・・・

まぁ、まだプレミアムボールは残っているので多分大丈夫。

4回、5回、6回・・・失敗。

そろそろゲットできないとと焦ってきます。

7回目、8回目・・・失敗。

いよいよ後が無くなりました。
これでゲットできなかったら、後日またレイドバトルでポケモンを倒すところからとなります。

今回でさえ2回挑戦してようやく倒せたフリーザーです。
次回はたしてレイドバトルでプレイヤーがそろうかどうか、さらにはそろったプレイヤーで再び倒せるかどうかさえ分かりません。

そして、迎えた最後のボール9回目・・・

祈る気持ちで投げましたが、失敗となってしまいました。

苦労してフリーザーを倒したものの、無情にもゲットに失敗してしまいました。

続きを読む

カワセミとオオタカとカブトムシと(大阪城野鳥探鳥 2017/07/23 4:45-8:55)

本日の日の出時刻は5:01。
いつものように日の出前に大阪城に到着すると、すでにニイニイゼミの声が聞こえてきます。
その後、飛騨の森に入ってからは、クマゼミの声も聞こえて来て、その後はずっとセミの声を聞かない瞬間は無い状態。
大阪城を回っている間は、随所で耳鳴りがするほどの大きな声でセミが鳴いておりました。

飛騨の森に入る京橋口から、先週猛禽類を見かけた建物の上にあるヘリポートの方を見ると、今日もまた猛禽類らしき野鳥の姿を発見。
一旦飛騨の森に足を踏み入れたのですが、そのまま逆戻りして、少しでもヘリポートに近づいてみますが、この辺が限界です。
猛禽類
切り出してみますが、感度が高いので、ノイズも多く、確定させるには困難ですが色の感じからして猛禽類であることは確実かなぁと。
f:id:KEN-S:20170723151735j:plain
時期的なものから想像するには、やはりオオタカの可能性が高いかと思われますが、これ以上は鮮明な写真も撮れそうにないので、早々にあきらめて飛騨の森へと戻りました。

すでにセミの大合唱状態で野鳥の声はほとんど聞こえません。
しかも、まだ光が足りない状態なので、とりあえずは内堀を覗きに行きます。
内堀の上をコウモリが飛び回っており、そのコウモリが水面ギリギリ・・・水紋が出ることもあったので、もしかしたら水面に接触するぐらいに飛んでいるのをぼんやりと見ながら周囲を見渡すと、少し離れた竹竿の上に何かがあるのを発見。
ぱっと見た感じは、木の枝というかゴミというか、そういう風にも見えますが、果たして何かとカメラを向けてみると、カワセミでした。
カワセミ
距離が少しあったので、もう少し近づけないかと移動したところで、こちらを見つけたのか、そのまま鳴かずに奥の方へと飛び去ってしまいました。
竹竿の上に止まっていたのでかろうじて気付きましたが、飛ぶ時に鳴いてくれないと見つけるのはかなり難しいですね。

カワセミが飛び去った後すぐぐらいに、内堀の上空をアオサギが2羽日本庭園の方へと飛ぶのを見かけました。
アオサギ
飛騨の森の方はというと、セミのおかげで野鳥の声が聞こえず、さらには枝揺れを見かけても大抵がセミだったりして、結局野鳥の姿を見かけることができませんでした。
シジュウカラやスズメ、キジバトやカラスを除けば、かろうじて上空を飛ぶツバメが見れたぐらいでした。
ツバメ

その後、梅林へ移動しても、聞こえて来るのはセミの声ばかり。
f:id:KEN-S:20170723153023j:plain

神社裏へ移動すると、ヒヨドリアブラゼミを捕っているところに遭遇しました。
ヒヨドリ

配水池へ移動した時も、アブラゼミを捕えたヒヨドリを見かけたので、もしかしたらヒヨドリアブラゼミを好んで食べるのかもと思ってしまいました。
ヒヨドリ

日本庭園では、上空にツバメ。
ツバメ

そして、池の中ではなく、陸地にアオサギの姿。
アオサギ

そのアオサギが何やら上空を気にしているのか、何度も上を見上げます。
アオサギ

何かいるのかと思って、上空を見上げると、2羽のアオサギが飛んで行くところでした。
アオサギ
どうやら、仲間が飛んでいるのを気にしていたようです。

その後、いつものルートで桜広場や音楽堂西通路を回ってみたものの、野鳥の姿はほとんどなし。
セミの声が聞こえるだけでした。

しかし、沖縄復帰の森に入って、回っていると、木の上に少し大型の野鳥の姿を発見。
後ろ姿でしたが、カラスとは違うその姿はおそらく猛禽類
オオタカ

背中だけではちょっと分からないなぁと思っていたら、顔を上げてくれました。
オオタカ
この凛々しくて太い眉斑は、間違いなくオオタカです。

少し離れたところでカラスが騒いでいるのを気にしているのか、左右を見回しておりました。
オオタカ
幸い、カラスはまだオオタカに気付いていないのか、近づいて来る個体はいませんでした。

何とか正面の姿を撮りたいと思って、向きを変えてくれることを願っていたのですが、なかなか変えてくれず。
それなら、私が少し回り込んでみるかと、遠巻きに回り込んで斜め前ぐらいの位置へ。
私が移動してもオオタカは飛ばずに撮影させてくれました。
オオタカ

しばらく撮影したあと、オオタカが飛び去りました。
オオタカ
ただ、軌道的にはそれほど遠くへ飛んだ感じではなく、まだ沖縄復帰の森の中にいそうな感じだったので、それを追ってみることに。

飛んだ軌道からこの辺だと思って探してみると、やはりまだ残っていました。
オオタカ

ただ、その後場所がバレたのか、カラスが1羽飛んで来て、それから逃げるかのように人工川方面へと飛び去りました。
オオタカが飛び去ったのを見届けた後、地面にオオタカの羽毛が落ちているのを発見しました。

羽毛が落ちたところは目撃していないので、私が来る前に落としていたのかなぁと。

その後、市民の森を回ったのですが、ここでもセミの声に邪魔されて、野鳥の声も姿も見かけませんでした。

人工川へ移動すると、アオサギがいました。
アオサギ

色の感じからすると、日本庭園にいた個体とは別の個体のようです。

その後、教育塔へ移動すると、野鳥の姿はありませんでした。
ただ、樹液に群がるカナブンや蝶に混じって、カブトムシのメスがいました。

私は大阪城でカブトムシを見かけたのはこれが初めて。
大阪城に私以上に来られている大将さんでも、大阪城でカブトムシを見たのは初めてだとおっしゃっていました。

今日は前半はカワセミを見かけてから、ほとんど野鳥との出会いがなく、大阪城の夏らしいかなり寂しい感じでした。
しかし後半で、沖縄復帰の森で久しぶりに近い位置でオオタカが見られて、さらには大阪城では見かけたことがないカブトムシと出会えたのはかなりの僥倖ではないかなぁと。

本日の写真は以下からご覧いただけます。
オオタカ

続きを読む

「Splatoon2(スプラトゥーン2)」一番くじを引いてみました

昨日(2017/7/21)、Nintendo Switch用ゲームソフト「Splatoon2(スプラトゥーン2)」が発売されました。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

我が家でも娘の要望で、ソフトと本体を買おうとしたのですが・・・
あまりの人気で ニンテンドースイッチの本体が入手できず。

結局はその盛り上がりに参加できずに蚊帳の外状態となりました。

我が家では娘がどうしても「Splatoon2(スプラトゥーン2)」をプレイしたいからと、6月の初めぐらいから、入荷予定のあるお店を毎週訪問しておりました。
そのお店は先着順ではなく、ニンテンドースイッチ本体を購入するための抽選券を配布する形だったので、開店前にお店に行って抽選券をもらうということを繰り返しておりました。
ところが、1ヶ月以上それを続けたのですが、結局は一度も当たらず、購入できませんでした。
毎週訪問していたのですが、入荷数は週によって上下しますが、だいたい20台ぐらい。
ところがそれに、希望者が400人ぐらい毎回くるとなれば、倍率は約20倍なので、1ヶ月続けたぐらいでは、当たるわけはないかなぁと。

それだけニンテンドースイッチが品不足であるにも関わらず、任天堂の幹部は品不足は任天堂のせいではないと発言しているので、どうなんだろうなぁと思ってしまいます。
Takahashi - Switch production line improved, collaborations, Mario Odyssey's innovation will be HD Rumble, much more - Nintendo Everything

製造元が自分たちのせいではないと言い出したら、では一体だれのせいで品不足なのかなぁという疑問も出てきます。

その後、7月から生産量を増やすという報道もあって、それに期待していたのですが・・・
「Nintendo Switch本体」品薄のお詫びとお知らせ|サポート情報|Nintendo

7月に入ってからも、お店に入るニンテンドースイッチ本体の数はそれほど変わっていないようなので、本当に生産数が増えているなら、一体どこへ消えているのかと呆れてしまいます。

おそらく、今回の「Splatoon2(スプラトゥーン2)」の発売に合わせて、通常よりも多めの台数が生産されたとは思いますが、あいかわらず需要が供給を上回ったようで、各地で購入希望者の列が沢山できたものの、入手できた人はごくわずかという状態のようです。

こんな状態なので、全国各地で我が家と同じ目に合っている人は多いのではないかなぁと。

さて、それだけ大人気のゲーム「Splatoon2(スプラトゥーン2)」ですが、ゲームソフトの発売と同時に、セブンイレブンで「一番くじ」が発売されるという情報を1ヶ月ほど前から入手しました。
www.bpnavi.jp

本来のゲームソフトがプレイできないなら、せめてそれに関連する商品だけでも買って、雰囲気に浸りたいかなぁと。

続きを読む

Docomoの端末購入サポートに「Xperia XZ Premium」などが追加されて悩む

本日、NTT Docomo からの発表で、端末購入サポートの対象端末に、SONYXperia XZ Premium」や サムソン「Galaxy S8」 などが追加されました。

白ロムdocomo XperiaXZ Premium SO-04J Luminous Chrome

白ロムdocomo XperiaXZ Premium SO-04J Luminous Chrome

白ロム docomo Galaxy S8 SC-02J Orchid Gray

白ロム docomo Galaxy S8 SC-02J Orchid Gray

他社から NTT DocomoMNPする場合は、それぞれの端末が 15,552円で入手できます。
期間は限定で、2017/7/21から2017/8/31まで。

この発表を受けて、私としては、かなり気持ちが揺れております。

実は8月1日から9月末まで、ちょうど私が契約しているauフィーチャーフォン(ガラケー)が2年縛りの切れるタイミングだったりします。
せっかくの2年縛りが切れるので、このタイミングで、機種を変更するか、他社へ移行するのか、どうしようかなぁと悩んでおりました。

MNP格安SIMにして料金を下げるか、そのまま継続するか、それとも、何か条件の良い別のキャリアーに移行するべきか・・・

ただ、このタイミングでMNPするというのは、少し都合が悪い事情もあったりします。

私がガラケーというか au から MNP していない理由は、娘に未だにガラケーを使わせているからというのがあります。

中学生の娘がまだ auフィーチャーフォンを使っており、万が一のために娘の携帯電話の位置が分かるサービス「安心ナビ」に加入中。
何かがあった時のために、ガラケーで子供の位置が分かるサービスに加入しております。

MNPau 以外のキャリアに移行した場合は、その「安心ナビ」が使えなくなるというのが、少し困ってしまいます。

だからといって、このタイミングで娘もMNPしたり、スマートフォンに切り替えるというのは、考えられなかったりします。

理由は、我が家のルールとして、スマートフォンは高校に入ってからという取り決めを行っているため。
上の息子も、スマートフォンに変えたのは高校生になってからです。

スマートフォンを渡してしまうと、時代的にSNSなどを利用することは間違いないでしょう。
中学時代に渡してしまうと、娘だけではなく、周囲の友人達も成熟していないため、色々なアクシデントに会う可能性もあるかなぁと。
主にはそういう理由で、SNSのできないガラケーを持たせておりました。

実際には、完全にSNSを遮断しているわけではなく、自宅で共用の iPad を使って、LINE などを仲の良い友人とやっていたりはするのですが・・・

共用の iPad であれば、何かあった時・・・異変などがあれば、その理由を確認することもできるかなぁと。
実際に私や妻が娘の Line を見ることは絶対にありませんが、両親に見られる可能性があるとなれば、娘も少しは考えてやり取りするので、不用意なアクシデントは防げるのではないかという判断です。

ただ、これが娘専用のスマートフォンともなると、そういう抑止力は働かなくなるので、様々なアクシデントに巻き込まれてしまうことがあるのではないかなぁと。

さすがに高校生になれば、娘も周囲の友人達も多少は分別ができて、そういったことが発生する確率は低くなるのではないかなぁと。
そういった理由で、中学生の間はガラケースマートフォンは高校生になってからというのが我が家での取り決めとなっております。

ただ、このタイミングを逃すと、次に変更できるのは2年後となってしまい、その時期まで果たしてフィーチャーフォンが使えるのかどうか・・・
au の3Gケータイ向けサービスである EZアプリ は、2018年3月31日に終了すると公表されている以上、それ以降はいつ 3Gガラケーが使えなくなるか分かりません。

そう考えると、auガラケーからいずれはスマートフォンに切り替えないとダメかなぁと。
そして、今回の2年縛りの切れたタイミングが、ちょうど切替には良いのかなぁと思いつつ、娘のガラケーのことを考えると、今しばらくはそのままにしておく必要があるかなぁといった葛藤を繰り広げております。

続きを読む

ぼんち「ぼんち揚 カラムーチョ味」を食べてみました

2つの人気商品がメーカーの垣根を超えて、1つの商品になるコラボレーション。

A社の定番商品に、B社の人気商品が合わさった形で、1つの商品として販売されるというようなものをたまに見かけます。

それぞれの企業文化もあったり、どちらの会社が商品として売り出すのかなど、色々とクリアーしないといけないハードルがあって、それらを1つずつ解消することで、ようやく商品として世に出される。
その過程は、おそらく消費者が思っているほど簡単には進まなかったりするのではないかなぁと思ってしまいます。

それぞれの会社が、違うジャンルの商品を出していれば、コラボレーションもしやすいのかもしれません。
例えば、キリンビバレッジの「午後の紅茶」シリーズと、グリコの「ポッキー」がコラボした商品なんかは、ドリンクメーカーとお菓子メーカーということで、まだ進めやすいのではないかなぁと。

さて、本日見かけた商品は、カリッと香ばしい揚げせんのお菓子「ぼんち揚」のぼんち株式会社と、辛いお菓子の代表格とも言える「カラムーチョ」の株式会社湖池屋がコラボした商品。

ぼんち ぼんち揚 140g×12袋

ぼんち ぼんち揚 140g×12袋

その名も「ぼんち揚 カラムーチョ味」です。


「ぼんち揚」も「カラムーチョ」もどちらもジャンルとしては同じスナック菓子。
お互いにスナック菓子を出しているいわばライバル会社である2社がコラボするというのは、なかなか珍しいのではないかなぁと。

一消費者としては、「ぼんち揚」も「カラムーチョ」も好きなので、その2つが同時に楽しめるとなると、かなりお得な感じがする商品。

コラボ商品は結構販売期間が短いので、今買っておかないともしかしたら二度と見かけないかもということで早速購入しました。

発売しているのは「ぼんち揚」のぼんち株式会社です。

これ一袋(60g)で317kcalです。

「カラムーチョの味わいを再度研究」して、「湖池屋」のお墨付きをもらったそうです。
ということは、味のレシピについては、湖池屋から聞かずに、ぼんちが独自で研究したということでしょうか。

開封してみたところ、香りは「ぼんち揚」の香りの方が強いです。

サイズ的には小さめで、形状は完全に「ぼんち揚」です。

ただ、色の感じは普通の「ぼんち揚」よりも少し赤味が強いように思えます。

それでは早速食べてみます。

続きを読む

略語だけでは記事の内容は理解しづらいことを改めて知る

時事ネタを収集するために、yahooニュースをよく見ます。
news.yahoo.co.jp

ニュース一覧に記載されている表題は、記事を端的に少ない文字数で表現されていますが、見ただけで内容が推測できるものもかなり多く、読む記事読まない記事の取捨選択に役立っております。

ただ、まれに表題を読んだだけでは、内容の分からないものもあったりします。
表題を短くするために、色々な略語を使っていることもしばしばあって、略語が何の略か分からないがために、内容が推測できないこともあったりします。

その場合は、実際の記事の中身を見れば、大抵は理解できるのですが・・・

本日もいつものように、yahooニュースの表題を眺めていると、「PB黒字化、先送りも 政府検討」という見出しを発見。

「PB」って、何だったかなぁと気になったので記事の中身を読んでみることに。
headlines.yahoo.co.jp

元記事がリンク切れのために、スクリーンショットも一応載せておきます。
f:id:KEN-S:20170719221129p:plain

ところが、記事の中には「PB」と書かれているのみで、yahooニュースの記事だけでは、それが何の略語かは結局は分からずじまい。

記事を読み終わった後、「PB」から想像できる単語を考えてみることに
プライベートブランド(Private Bland)」・・・文脈を読んでも意味が通じない。
「プロフェッショナルベースボール(Professional Baseball)」・・・プロ野球と書くかなぁ。
プライベートバンク(Private Bank)」・・・経済な感じはするけど、違うなぁ。
ポケットビスケッツ(Pocket Biscuits)」・・・何だか懐かしい響きだなぁ。
ポケモンブラック(Pokemon Black)」・・・絶対に違うか。
と、思いつくものはどれも違うっぽい。
(※後ろの方は、無理矢理感が半端ない感じですが・・・)

結局、頭の中にすぐに思いつくものはどれも違う感じ。

さて、この記事で「PB」が表すものは一体何でしょうか・・・

続きを読む

日清の黒歴史「カップヌードル サマーヌードル」を食べてみました

先日、まとめて購入した「日清の黒歴史」シリーズのカップ麺。
ken-s.hateblo.jp

今回はその中から2種類目「カップヌードル サマーヌードル」を食べてみました。

レモングラス香るすっきりトムヤム味」ということらしいです。

1995年に発売されたそうですが、「あの時は、レモングラス=レモン味だった。」というのは、あながち間違っていないような気もするのですが・・・

当時、どのようなパッケージで売られていたのかにもよるのかなぁと。

個人的にはタイ料理は好きなのですが、トムヤムクンはそれほど好んで食べたりはしなかったりします。

というのも、酸味は好きですし、辛味も好きなのですが、それが合わさると、どうしてもどっち付かずというか、味として少し微妙な感じがしてしまって、個人的には積極的に注文することはありません。

嫌いというわけでもないのですが、他に色々とあるタイ料理の中では、選択肢としてはかなり後ろの方に位置するかなぁと。
私が本当においしいトムヤムクンを食べたことがないからなのかもしれませんが・・・

それでも「日清の黒歴史」シリーズとして登場している以上は、シリーズ全てを食べてこそ価値があるかなぁと。

カロリーはこれ1食(73g)で327kcalです。

「スカッと辛い夏スープ」ということで、辛さを期待してしまいます。

とりあえず、開封してみます。
開けてみると、かなり具材が多い感じです。

ベーコン、卵、ネギなどが具材として見られます。

お湯を注いで3分間待ちます。

3分後にフタを開けると、こんな感じです。

フタを開けた瞬間に漂うのはトムヤムクンの香り・・・ではなく、ソーセージやベーコンのような香りでした。
開封と同時にエスニックな香りがすると期待していた分、少々肩すかしを食らってしまいました。

とりあえず、食べるために混ぜてみると、ようやくレモングラスの香りがしてきました。

それでは早速食べてみます。

続きを読む