読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Canonから「EF50mm F1.8 STM」が発表されました

デジカメ 時事ネタ

その値段の安さと写りの良さから、優れたコストパフォーマンスを発揮し、多くのユーザーをレンズ沼に誘ったと言われるCanon単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」。

その「EF50mm F1.8II」が25年ぶりにリニューアルされ、「EF50mm F1.8 STM」として5月下旬に新しくリリースされるそうです。

現行モデルがかなり良い印象だったので、リニューアルした今回のモデルも、発売直後は現モデルのコストパフォーマンスの良さを知ってる人が買い求めて、供給不足になったりするのではないかなぁと思ってたりします。

リニューアルしたレンズが、現行のレンズと比べて、どうなったのかをまとめてみます。

EF50mm F1.8II EF50mm F1.8 STM
定価 12000円 19500円
レンズ構成 5群6枚 5群6枚
絞り羽根枚数 5枚 7枚(円形絞り)
重さ 130g 160g
最短撮影距離 45cm 35cm
最大径×長さ φ68.2mm×41mm φ69.2mm×39.3mm
フィルター径 52mm 49mm

価格は少し上がっておりますが、2万円を切る定価は、許容範囲ではないでしょうか。
重さについても、30gほど重くなっております。

しかし、スペックというか、機能の部分では、絞羽根の枚数が増えて、円形絞りになったことで、美しいボケ味が期待できそう。

最短撮影距離が10cm短くなったので、より寄れるようになりました。
といっても、ポートレートなどで10cmの違いが、どのぐらい効果を発揮するのかは、ちょっと分かりませんが・・・

なによりも、STM を採用したことで、作動音が静かになることが期待できます。
そうなると、動画の撮影にも使いやすいので、新しい使われ方ができたりするかもしれませんね。

マウントも金属製になっているので、耐久度も上がっていることが期待できそう。

50mm というと、フルサイズセンサーだと標準ですが、APS-Cサイズセンサーだと80mm 相当とポートレートには丁度良い長さ。

我が家には F1.8 のような明るいレンズがないので、個人的には今回の発表でかなり気になっております。



過去にも、明るいレンズが欲しくなった記事も書いております。ken-s.hateblo.jp

この時は、結局レンズではなく、SONYコンデジDSC-RX100」を購入してしまいましたが・・・

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

でも、上記の記事でも書いたとおり、APS-C換算で80mm というレンズは、私の用途としては微妙な感じ。
何せポートレートなどはあまり撮影することはなかったりするので。

明るくて使えるレンズを手に入れれば、もう少し積極的に子供を撮影するようになるかな?

でも、子供が育った今となっては、息子もあまり撮られたがらないし、娘もカメラで撮られるのがあまり好きではないようなので、買ってもあまり使う機会がないかも・・・
もっと子供達が小さい頃だったら、使う頻度は格段に上がってたと思うだけに、ちょっと残念。

あ、そういえば、我が家には文句を言わない子がもう一人(?)いました。
ワンコという子が。
彼ならもしかしたら、私の撮影に付き合ってくれるかも?

ワンコ撮影専用レンズとして、導入するのも、もしかしたら良いかも・・・
などと、新しいレンズの発表に、妄想が爆発していたりします。