おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

UCC「The COLD BREW coffee」を飲んでみました

最近ペットボトルに入ったコーヒーが増えてきました。

コンビニの棚にも、少し前まではカフェオレタイプのものぐらいしか見なかったのですが、「クラフトボス」などがペットボトル入りでブラックコーヒーを出したので、気になって飲んでみたりもしました。
ken-s.hateblo.jp

あくまで個人的な意見ですが、ペットボトル入りのコーヒーは、お手軽な感じがしますが、味はどうもイマイチな気がしてしまいます。
というのも、透明の容器に入っていると、運送中などで太陽の光にさらされると、味が変化してしまったりしないかなぁという気がするので。

それでも、普通に売られているところを見ると、ある程度の支持があるのではないなかなぁと。

内容量が普通の缶入りのボトルコーヒー(400ml前後)に比べて多い(500ml前後)とたっぷりあるので、量を飲みたいときにはありがたいとは思います。

そんなペットボトル入りコーヒーのコーナーで、本日新し商品を発見しました。
それが本日購入した UCC「The COLD BREW coffee」という商品です。


※3月26日から一般販売ですが、コンビニではすでに販売が開始されているようです。

個人的には、普段は缶ボトル入りのブラックコーヒーを愛飲しております。
ただ、主要な会社からはほとんど缶ボトル入りのブラックコーヒーがすでに発売されており、大抵が定番化しているおかげで、新しい製品というのはなかなか出ておりません。

そういう状況なので、新しい売り方であるペットボトル入りのコーヒーというのは、すでに発売している会社としても新たな切り口として参入しやすく、目新しい新製品を出すにはうってつけなのかなぁと。

当然、ブラックコーヒー好きな私としては、品質的に少し気にはなるものの、新製品が出れば一度は買ってみたいということで、早速買ってみることにしました。
f:id:KEN-S:20180316224409j:plain

ボトルのデザインが少し特徴があり、「ucc」「SINCE 1933」という文字が立体的に表現されております。
f:id:KEN-S:20180316224431j:plain

アルミ缶に比べるとこういった装飾が入れやすいのもペットボトルの特徴なのかもしれませんね。

カロリーはブラックコーヒーなのでこれ1本(500ml)で0kcalです。
f:id:KEN-S:20180316224454j:plain

開栓すると、コーヒーっぽい香りの中に、どことなく甘さを感じるような香りがします。
ブラックコーヒーなのに、この香りは少し不思議ですが・・・

とりあえず、飲んでみます。



口に含んだ瞬間は、かなりサッパリした感じで、味が薄く感じられます。

しかし、しばらく口の中にとどめておくと、しっかりとしたコーヒー感が出てきます。

味としては、苦みが一番感じられますが、結構さっぱりとした味わいなので、飲みやすいです。
それでいて、水っぽさはあまり感じませんでした。

喫茶店で飲むアイスコーヒーにかなり近い味わいで、悪くない味です。
個人的にはもう少し酸味や甘みなどの味の豊かさがあった方が良いとは思いますが、アイスコーヒーとしてはこれでも十分かもしれません。

「クラフトボス ブラック」は、味が薄くて少々水っぽさを感じて物足りなさがありましたが、こちらの商品はしっかりとコーヒーの味が残っているので好感が持てました。

コーヒーらしさという点では、「クラフトボス」よりも、「The COLD BREW coffee」の方が美味しいと感じました。

興味がある方はぜひお試しを。