おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

PS4「Destiny2(デスティニー2)」をプレイ開始

リリースとほぼ同日にダウンロードしてプレイを開始しているPS4「Apex Legends」。
ken-s.hateblo.jp
今もほぼ毎日のようにプレイしております。

しかし、プレイ回数が増えて、レベルは上がって行くのですが、歳のせいかなかなか反応できず。
敵と遭遇して、撃ち合いになっても、負けることの方が多い状態です。

それでも楽しいので、プレイを続けてはおりますが、あまりにやられてばかりだと、やはりフラストレーションがたまります。

そろそろ他のゲームもプレイしようかなぁと思い始めて、家にあるゲームを見回したところ、以前息子が買ったPS4「Destiny2(デスティニー2)」のパッケージが目に留まります。

【PS4】Destiny 2

【PS4】Destiny 2

  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: Video Game

他のゲームをプレイしていて、私はまだ手を出せていなかったのですが、息子がプレイしているのを見た感じでは、FPS(ファーストパーソンシューティング)系のRPGゲームだったはず。

なので、操作感としては「Apex Legends」とほぼ同じで、NPCの敵との戦闘なので、対人よりは勝てるかもということで、先週の土曜日に初めてソフトを起動してみました。
ところが、息子がプレイを終わらせてから、誰もプレイしていなかったせいで、プレイを開始しようとするといきなりアップデートファイルのダウンロードが始まります。
その容量がなんと50GB以上。

結局ファイルのダウンロード時間がかなりかかって、土曜日はプレイすることができず、翌日の日曜日になってようやくプレイを開始できました。

ゲームを開始すると、何故かDLC版のタイトル画面が表示されます。
f:id:KEN-S:20190305231944j:plain

我が家にあるのは通常版のみで、DLCの「孤独と影」は未購入なのですが・・・

おそらくネットワークプレイをする上で、DLCを購入した人とも遭遇するので、その人たちの装備などを表示するのに、DLC用のデータが必要になるからではないかなぁと。



プレイを開始すると、使用許諾契約が表示され、承諾しないとゲームが始まらないようです。
f:id:KEN-S:20190305232130j:plain

その後、オープニングというか、タイトルムービーが入りました。
f:id:KEN-S:20190305232212j:plain

まずは使用するキャラクターの作成を行います。

キャラクターのクラスを3種類(タイタン・ハンター・ウォーロック)の中から選択します。
f:id:KEN-S:20190305232237j:plain
f:id:KEN-S:20190305232321j:plain
f:id:KEN-S:20190305232336j:plain
私は、FPSはあまり上手くないので、強靭で防御力に優れた「タイタン」でスタートすることにしました。

続いて、キャラクターの見た目の選択です。
種族は3種類(人間・アウォークン・エクソ)で、それぞれの種族に男女があり、その中から選択します。
f:id:KEN-S:20190305232530j:plain
f:id:KEN-S:20190305232543j:plain
f:id:KEN-S:20190305232559j:plain

その後、顔や髪型、マーキングなどを選択し、キャラクターをカスタマイズしていきます。
f:id:KEN-S:20190305232706j:plain
f:id:KEN-S:20190305232745j:plain

私は「エクソ」という戦闘マシン種族の男性キャラにしてみました。
f:id:KEN-S:20190305233031j:plain

キャラクターの作成が終了すると、デモムービーが流れて、いよいよゲーム開始です。
f:id:KEN-S:20190305233147j:plain

FPSなので、自分の姿は画面に表示されませんが、持っている武器で出てくる敵を次々と倒しながら、ステージを進めます。
f:id:KEN-S:20190305233302j:plain
画面の左上に現在進めているクエストの目的が表示されるので、それに従ってプレイすることで、ストーリーを進めることができます。
最初はほぼ一本道なので、迷う事はない感じです。

その間に追加の武器を拾って武器の切替方を教わったり、二段ジャンプのやり方を教わったりとチュートリアルに近いプレイを進行することになります。
f:id:KEN-S:20190305233513j:plain
f:id:KEN-S:20190305233740j:plain

最初に戦う敵は、こんな感じの顔をした異星人でした。
f:id:KEN-S:20190305233632j:plain

ムービー中の音声や会話の音声は日本語なので、ゲームの進行やお話の流れは理解しやすいです。
f:id:KEN-S:20190305233954j:plain

最初のチュートリアル中は、武器がハンドガンとオートライフルで固定ですが、ゲームが進むと色々な武器が使えるようになります。
f:id:KEN-S:20190305234409j:plain

チュートリアルが終了すると、再びデモムービーが流れタイトルが表示されていよいよゲーム本編が開始されます。
f:id:KEN-S:20190305234553j:plain

同時に装備できる武器スロットは3カ所(キネティック、エネルギー、パワー)で、それらを戦況に合わせて切替えつつ戦います。
f:id:KEN-S:20190306001529j:plain

それぞれの武器スロットに、1つずつ武器を装備することができます。
装備している武器は、装備切替ボタンですぐに切り替えることができます。

装備のメニュー画面を開けば、装備する武器を変更することもできますが、戦闘はリアルタイムで進行するため、敵と遭遇しないところで変更しないと、メニューを開いている間ダメージを受け続けることになります。
f:id:KEN-S:20190306001326j:plain

持っている武器には弾数があり、マガジンに装填されている弾数も武器毎に変わるので、ある程度弾を撃ったらリロードしないといけません。
武器ごとに持っておける予備の弾薬にも上限があります。
パワーウェポンは、持てる弾数が少なく設定されております。

予備の弾も使い切ってしまうと、その武器は使えなくなります。
敵を倒すと弾薬を落とすので、それを拾うことで補給できます。
f:id:KEN-S:20190305233705j:plain

よほど無駄弾を撃たない限りは、弾が足りなくなるということはなさそうです。
弾薬にも種類が3種類(メイン、特殊、ヘビー)あり、持てる弾数の上限が少ない強力な武器ばかり使っていると、その武器の弾薬が不足してしまうことはあります。

ここで少々ややこしいのが、弾薬の種類と、装備している武器の種類が同じ分類では無いというところ。

装備できるパワーウェポンについては、弾薬もパワー(紫色)で共通なのですが、キネティックウェポンとエネルギーウェポンについては、その武器の形状によって弾薬が変わるという所が最初戸惑いました。

例えば、オートライフルやスカウトライフルは、キネティックウェポンにも、エネルギーウェポンにも存在しているのですが、その弾薬はメイン弾薬(白色)を使います。
ショットガンやスナイパーライフルは同じくキネティックウェポンにも、エネルギーウェポンにも存在しているのですが、その弾薬は特殊弾薬(緑色)を使います。

プレイを開始した時には、てっきりキネティックウェポン=白色の弾薬、エネルギーウェポン=緑色の弾薬、パワーウェポン=紫色の弾薬だと思っていたのですが、違っておりました。

また、上限弾数以上は持てないので、落ちていても拾えない弾薬があったりします。
しかも、装備している武器の弾薬以外は拾えないらしく、装備メニューでメイン弾薬を使う装備から特殊弾薬を使う武器に切り替えると、特殊弾薬は0の状態になったりするようです。

他に、敵を倒すとたまに新しい武器や装備をドロップすることもあります。
f:id:KEN-S:20190306001701j:plain

それらを拾っていくことで、プレイヤーの装備を充実させることができます。
同じ名前の装備でも、性能に違いがあったりするので、より強い装備を入手できるのを期待しつつ、プレイを楽しむことができます。

また、ドロップする武器や装備は、レアリティごとに色が変わっていますが、落ちている時には宝石のような見た目のシンボル表示がされているので、拾うまではそれが何かは分かりません。

プレイしていた「Apex Legends」バトルロイヤル系のゲームの場合は、実際の装備がマップ上に表示されるので、拾う前に分かるので、離れていても何の装備かが分かります。

あと、アイテムを拾う時も、このゲームはアイテムのそばを通過するだけで拾えるのに対して、バトルロイヤル系のゲームではボタンを押して拾うので、その辺がちょっと感覚として違うので、最初は戸惑いました。

本作はRPGなので、敵を倒して経験値を得ることでレベルアップしていきます。
f:id:KEN-S:20190305234811j:plain

レベルアップすると、強化ポイントがもらえ、それを振り分けることで様々なスキルを得ることができ、ゲームを有利に進行できるようになります。
f:id:KEN-S:20190305234916j:plain

また、敵を倒すことで、「スーパーチャージ」という必殺技のゲージが溜まって行き、最大まで溜まるとクラスに応じて必殺技を発動させることができます。
f:id:KEN-S:20190305235102j:plain

私が選んだクラス「タイタン」の「スーパーチャージ」は、敵に突進して強力なダメージを与えることができる技です。
f:id:KEN-S:20190305235255j:plain
この時だけは、一人称視点から三人称視点に切り替わって操作するので、攻撃しやすくなります。

フィールド上には、多くのイベントが配置されております。
f:id:KEN-S:20190306000404j:plain

イベントは、フィールド上のシンボルにアクセスすることで、スタートすることができます。
f:id:KEN-S:20190306002541j:plain

ストーリーを進行させるのに必要なものと、そうでないもの(アドベンチャー)があるので、適時プレイしていくことで、経験値や装備を獲得できます。

ストーリーを進めることで、新しいフィールドへ行けるようになります。
f:id:KEN-S:20190306001114j:plain

フィールドを移動していると、公開イベントと呼ばれる自由参加型のイベントが発生したりします。

同じフィールドにいる他のプレイヤーと共に、敵と戦ったりすることもできます。
f:id:KEN-S:20190305235829j:plain
一応、マップを確認すれば、公開イベントが発生する場所と開始までの時間が分かりますが、フィールドを移動していたらたまたま公開イベントに遭遇するということも多々あります。
特に参加の意思表明をする必要もないので、気が向けば参加して、報酬をもらったりする感じでプレイできます。

敵の乗り物を奪って、それに乗ることもできます。
f:id:KEN-S:20190306000153j:plain

まだプレイを開始したばかりですが、なかなか楽しめております。
クリアーするまではプレイを進めてみようかなぁと思っております。

ただ、DLCを買ったり、年間パスを買ったりするほどかどうかは、現時点では判断できませんが・・・
最後までプレイしてみてからの判断になるかなぁと。