読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

ブックオフから明細が到着・・・しかしやはり疑問は残る

日常 書籍 お金

先日、ブックオフの自宅出張買取サービスを利用して、漫画を大量に売却いたしました。
ken-s.hateblo.jp

その際に、実際に持って帰ってもらったダンボール約9箱分のうち、250冊程度しか買取価格がつかず、他のものは廃棄処分扱いとなると聞かされ、どうも腑に落ちないと思っておりました。
とりあえず、商品を持ち帰ってもらう際に、明細を出してもらえるということだったので、その明細を送ってもらうようにお願いしていたところ、本日その明細が普通郵便で到着いたしました。

明細というからには、プリントアウトされた書類が到着するものと思っていたのですが、到着したのは何とつづら折りになったレシート状のものでした。
f:id:KEN-S:20160226222929j:plain
伸ばすと1m以上はあります。

おそらく実際に店頭に持ち込んでも、発行されるのはこういうレシートのようなものになるとは思うのですが、ちょっとびっくりしました。



で、その明細を確認してみると、そこに掲載されているのは、値段のついたもののリスト。
高いもので買取価格200円というものもありましたが、大半は5円や10円という値段がついておりました。
f:id:KEN-S:20160226223043j:plain
それをお店では100円〜売ることを考えると、在庫リスクとしてはあるものの、なかなか利益率の高い商売だなぁと思いました。

ただ、そこに記載されている漫画の点数は、値段のついたもののみで、250点という数字。
f:id:KEN-S:20160226223100j:plain
実際に値段がつかなかった漫画については、リストに名前が一切表示されておりません。

すなわち、こちらがブックオフに売りに出した品物の数が、最終的に何点あったのかは不明な状態。
出した品物の数というか、先方が見積もるために計上した品物のトータルの数量は、どこにも記載されておりませんでした。

これでは、こちらが引き取ってもらった商品点数が、全部で250点あったのか、それとも700点ぐらいあったのかは誰も分からない状態です。
私が知りたかったのは、そこだったので、明細を出してほしかったのですが・・・

トータルの引き取り数が掲載されていないということは、すなわちこちらが出荷した時から、先方が受け取るまでの間に、途中で荷物が紛失していたとしても、誰にも分からないということになります。

特に、持ち帰る際にダンボールに引き取り元の名前や、識別用のシールなどが貼付けられたりした様子もなかったので、どうやってこのダンボールは我が家から引き取ったものだと判別するのかなぁと。
もしかしたら、私の家を出た後で、そういう識別のための何かをやっているという可能性もないことはないのですが・・・

一度回収用の車を出せば、おそらく1日に複数のお家を訪問すると思うので、我が家の後に別の家を訪問して荷物を回収した際に、そのダンボールがどこで集荷されたものか分からなくなる可能性も否定できないということになりませんかね?

個人的には、届いた明細に、値段がつかなかったものについてもリストには掲載し、買い取り価格0円などと表示してもらえれば、それでトータルの冊数が分かるし、ちゃんと荷物を受け取って、査定をしてもらったという安心感に繋がるのですが・・・

買い取った商品のみの明細では、他の本が実際に査定してもらえたのか、途中で紛失してしまったりしていたのかが判断できません。

はるか昔に出張買取をしてもらった際には、玄関先できっちりと商品を仕分けして、その場で査定をしてもらえたので、非常に安心して取引できた記憶があったので、今回もブックオフにお願いしたのですが・・・



昔とは買取のシステムというか、流れが変わってしまって、今回のようなやり取りでは、次回はお願いしないでおこうかなぁということになってしまいます。
ブックオフさんは、その辺をもう一度検討してもらって、買取方法についてもう少し改善された方が良いのではないかなぁと思いました。

とりあえずお願いしていた明細は一応は届いたものの、こちらが欲しいと思っている情報については満たされておらず、心情的にはかなり疑問というか、不信感が残った一件でした。

皆様もブックオフの買取を依頼される際には、その辺りを十分にご注意の上、依頼された方が良いかと思います。

個人的には、家の中にいつまでも大量の不要な漫画本を置いとくのは邪魔だということもあったので、仕方なく利用しました。

もし、時間的なものとスペース的なものがあるなら、おそらくオークションで売却する方が良いのではないかなぁと改めて感じました。