おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Nintendo Switch「Splatoon2(スプラトゥーン2)」をプレイしてみました

昨日ようやく入手できたニンテンドースイッチ本体。
ken-s.hateblo.jp

本体に同梱されていた「スーパーマリオオデッセイ」は未開封状態で、現在は娘が切望していた「Splatoon2(スプラトゥーン2)」のみがプレイされている状態です。

そして、昨日は娘と息子にニンテンドースイッチを独占されてしまって、私がようやく初めてプレイができたのは今朝になってからだったりします。

当然、プレイしたのは「Splatoon2(スプラトゥーン2)」のみで、1時間程度しかプレイできておりません。
f:id:KEN-S:20171124215426j:plain
※ちなみに、上記スクリーンショットは、帰宅してから、息子がプレイしている時に少しだけ奪って撮影したものだったりします。
本日、バージョンアップが入ったので、右上のバージョン表示は2.0.0になっておりますが・・・

それでもまぁ、一応初めてプレイするゲーム機なので、軽くプレイした感想などを書いておこうかなぁと。



昨日購入したときに、箱が思ったよりも小さいと感じたのですが、実際のゲーム機自体も思っていたよりも小さいなぁというのがファーストインプレッション。

WiiUゲームパッドよりも小さいのに、高性能という時点で、何となく不思議な感じもしますが、これが技術の進歩ということなのかなぁと。

まぁ、見た目はさておき、実際のゲームをプレイした時に果たしてどうかと言う方が大切だったりしますが・・・

そして、昨日実際に本体のセッティングを娘と一緒に進めて行きました。

まぁ、実際には画面の指示に従って、項目を選択していくだけで大半が設定完了するのですが、1カ所だけ気になった点が。

それは、本体をインターネットに接続するための Wi-Fi の設定について。

これまでに我が家で購入していた任天堂のゲーム機でも、Wi-Fi の設定を行っております。

その際に使っていたのが、AOSS による自動設定です。

Wi-Fiのアクセスポイントに AOSS ボタンが付いていれば、ニンテンドー3DSでも、WiiU でも、ボタン1つで接続することができました。

ところが、このニンテンドースイッチになってから、どうやら AOSS による簡単接続機能がなくなってしまったようなのです。

我が家のゲーム機をつなげている Wi-Fi アクセスポイントは、少し古いモデルで、バッファローの「WLA2-G54C」という機種を使っております。

BUFFALO IEEE802.11g 無線LAN AirStation ブリッジモデル WLA2-G54C

BUFFALO IEEE802.11g 無線LAN AirStation ブリッジモデル WLA2-G54C

これまでにゲーム機を接続するときには、手間を省くために AOSS を利用して接続してきました。

ところが、ニンテンドースイッチではそれができません。

アクセスポイントへの接続用のパスワード(WEPキー)を入力して、手動で接続する必要があるのですが・・・AOSS で接続した時に、どういう値が設定されているのか調べるのに少し手間取りました。

AOSS で他の機種に接続すると、通常はユーザーが任意で付けることができる WEPキーが、自動て付けられてしまいます。
その自動設定されたWEPキーを確認するためには、WLA2-G54Cの設定画面から調べる必要があるのですが・・・

WLA2-G54C の設定画面を見るには、接続されている端末のブラウザを起動して、特定のIPアドレスへアクセスする必要があります。

我が家では、この Wi-Fi アクセスポイントに接続する設定を行っていたのは、ゲーム機のみ。
新たにPCでアクセスしようと思っても、そのPCを接続させるには、WEPキーが必要なので、PCで確認することはできず。

最終的には、接続設定が行われていた WiiU で何とか WEPキーのページを表示できたのですが・・・
今度は WEPキーがかなりの長さで間違えずに入力するのに苦労しました。

そんなこんなで少し苦労してようやく、ニンテンドースイッチをインターネットに接続できました。

任天堂はなぜこれまで使えた AOSS による簡易設定をニンテンドースイッチで外してしまったのかなぁと・・・

インターネットに接続するための Wi-Fiアクセスポイントの設定以外では、特に難しい項目はなかったので、設定が終わると同時に、娘がゲームを堪能しておりました。

そして今朝になってようやく、娘と息子が学校へ行って触れない時間にようやく私がニンテンドースイッチをプレイできました。

今朝はとりあえず、本体をテレビにつなげたモードで「Splatoon2(スプラトゥーン2)」をプレイしてみました。
まだ、1時間ほどしかプレイできていないので、ゲームについての感想などは述べませんが、実際にプレイして感じたこととしては、やはり購入前から思っていたのですが、コントローラーが少し窮屈かなぁという点。

特に、「Splatoon2(スプラトゥーン2)」をプレイしていると、普段の指のポジションが取りにくい感じです。

WiiUで「Splatoon(スプラトゥーン)」をプレイしていた時には、Rボタンを右手の人差し指で、ZRボタンを右手の中指で押しておりました。
プレイ中は常に人差し指をRボタンにかけて、中指をZRボタンにかけてプレイするというスタイルでした。

ところが、このNintendo Switch の場合は、RボタンとZRボタンの間隔がかなり狭くて、2本の指をそれぞれのボタンにかけることがかなり難しい状態。
というか、まともに持てなかったりします。

となれば、これまでの持ち方を変えてプレイするしかなくなり、右手人差し指だけで Rボタンも ZRボタンも押さないとダメかなぁと。

個人的には、前作ではRボタンのボムも、ZRボタンのショットも同じぐらい良く使っていたので、人差し指だけでそれをどちらも押さないといけないのは、ちょっときついかなぁと。
とはいいつつも、そこまでのシビアなタイミングを要求されるほど、高度な試合を行えるわけではないので、慣れれば大丈夫なのかもしれませんが・・・

しばらくは息子と娘がメインでゲームをプレイして、私はなかなか遊ばせてもらえないとは思いますが、合間を見て、少しずつプレイできればいいかなぁと思っております。
f:id:KEN-S:20171124215744j:plain
※今朝1時間ほどプレイして、なんとかランクが3まで上がりましたが、各種アイテムを購入できるのはランク4からなので、今はまだ初期装備しか使えない状態だったりします。