おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Appleから新しい「MacBook Pro (2018)」が発表されました

昨日(2018年7月12日)、Apple から新しい「MacBook Pro (2018)」が突然発表され、ストアから購入できる状態になっておりました。
www.apple.com

13インチモデルと15インチモデルがそれぞれ更新されました。

※上記リンク先は、13インチの前モデル(2017年モデル)です。※上記リンク先は、15インチの前モデル(2015年モデル)です。

前モデルからの違いとしては・・・

  • CPUが第8世代(Coffee Lake)に変わりました。
  • メモリが最大で32GBまで搭載できるようになりました(15インチモデル)
  • ストレージが最大で4TBの SSD が搭載できるようになりました(15インチモデル)
  • グラフィックボードは Radeon Pro 555X/560X(15インチモデル)
  • 外部ポートが Thunderbolt 3 (USB-C)とヘッドホン端子のみ

いつものように15インチモデルの進化が大きい感じです。

15インチモデルは、前モデルには、USBやHDMI、Thunderbolt 2、SDカードスロット、MagSafe 2電源ポート などがありました。
www.apple.com

今回のモデルでは外部ポートが Thunderbolt3 というか、USB-C で統一されたことで、筐体サイズも薄く、軽くなっております。
www.apple.com

ただ、電源供給から外部モニターへの出力、外部マウスの接続やSDカードアダプターなどを全てThunderbolt3(USB-C)でまかなう必要があるので、これまでに使っていた周辺機器などは買い替えるか、各種変換アダプタを買わないと使えなかったりします。

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A

アップル Thunderbolt 3(USB-C) - Thunderbolt 2アダプタ MMEL2AM/A

アップル Thunderbolt 3(USB-C) - Thunderbolt 2アダプタ MMEL2AM/A

Apple USB-C - USBアダプタ MJ1M2AM/A

Apple USB-C - USBアダプタ MJ1M2AM/A

あと、iPhone と接続するのであれば、ライトニングケーブルも USB-C対応のものが必要です。

Apple Lightning USB-Cケーブル 1m/MK0X2AM/A

Apple Lightning USB-Cケーブル 1m/MK0X2AM/A

周辺機器メーカーの中には、それらを一括でセットにしたアダプタも売られているようですが・・・

過去にもApple は他社に先駆けて、レガシーポートを本体から切り捨ててきておりますが、今回もその流れが健在で、周辺機器向けのポートがThunderbolt 3 (USB-C)で統一されることで、これまでの周辺機器がそのままでは使えない状態となってしまいました。

その割には、iPhone ではすでに iPhone7 で切り捨てたヘッドホン端子が 新しい MacBook Pro に残っているというのは、仕様選定としてかなりチグハグな印象を受けてしまうのですが・・・



ただ、昔であれば、新しい「Mac」が発表されると、そのスペックなどについては非常に興味と関心があったのですが、今はというと正直に言うと、そこまで大きな興味がある訳ではなかったりします。

近年のMacは、OSが毎年のようにメジャーアップデートされるという状態で、個人的にはアップデート頻度についていけておりません。
現在自宅でメインで使っているマシンのOS も、Mavericks(10.9)で止まっており、現在リリース中のHigh Sierra(10.13)からはすでに4バージョンも昔のものだったりします。

今年リリース予定の新OS Mojave(10.14)が出れば、5バージョンも前のものとなります。

OSのメジャーアップデートが発生すると、それまでに使っているソフトが対応しているかどうかを、毎回その都度確認する必要が出て来るので、毎年メジャーアップデートがやってくる Mac OS には、今はもう付いて行けない状態となっております。

そのため、今はまだ「MacBook Pro」の15インチモデルを使ってはおりますが、新しく「Mac」本体を買うかというと、現時点では手を出すつもりはあまり無かったりします。

価格についても、同じスペックであれば、Windows機の方が選択肢も多く、必要なポートの有無で選択することもできるし、価格も安いことが多いので、どうしても「MacBook Pro」については、割高なハードという印象が強くなっております。

あと、内部ストレージについても、速度や物理的な強度などは SSDの方が強いと思いますが、データの書き換え寿命については、HDDの方がまだ信頼できるし、何より容量当たりの単価が安いので、ハードを長く使うことを考えれば、HDDモデルを選びたいところですが・・・
MacBook Pro」はそれすらも選ばせてくれないので・・・
小心者の私にしてみれば、4TBのSSDの値段を見ただけで、万が一壊れたらと思ってしまうと、絶対に手が出せません。

これまでは、iPhoneのアプリを開発するには、Macが必要なので、必要に迫られて Macを買ってきましたが・・・

iPhone についても やたらとOSを強制的にアップデートさせようとする通知に辟易して、Androidに機種変更してしまった今となっては、iPhone自体にもあまり興味はないので、そのアプリが開発できる Mac にこだわる必要も無いのかなぁと。

むしろ、ゲームソフトが多い Windowsマシンの方が、私には魅力的に感じてしまいます。
ただ、実際にはPCではあまりゲームをプレイしないので、Windowsマシンを選ぶかどうかは分かりませんが・・・

いずれにしても、現在使っているマシンが稼動している間は、マシンの買い替えを行う必要もないので、新しい「MacBook Pro」が出たという情報だけ知っておけば良いかなぁと。

個人的には今回の「MacBook Pro」の発表を見て、以前から感じている思い・・・APPLE が再び昔の、独りよがりの製品ばかり作って、多くのユーザーが逃げて行った時代へと邁進しつつある・・・が、さらに少し強くなったかなぁと感じております。