おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

マクドナルドを持ち帰ったら大変な状態に

辛いものが好きな私は、定番の商品の辛い版が発売されると、結構積極的に買うクセがあります。

定番の商品は多くの人に愛されているからこそずっと定番としての地位を確立しているので、味は確かなことが多いと思われます。

その愛される定番商品に、お店が満を持して開発した辛い商品ともなれば、味は確かなはず・・・
そういう思いがあるので、積極的に購入しますが、たまに外れることもあったりするので、私の思い込みでしかないのかもしれませんが・・・

さて、そんな私が気になったのが最近テレビでマクドナルドがコマーシャルをしている「スパイシーチキンマックナゲット」。

実は、前回登場した際にも食べてみたのですが、まぁそれなりに辛くてそこそこ美味しかったので、どうせならレギュラー商品化すれば良いのになぁと思っておりましたが、いつのまにか消えてしまっておりました。

ところが今回、早々に再登場。
しかも、前回よりも更に辛くなっているということで、これは久しぶりに買ってみたいなぁと思って本日マクドナルドへ。

子供達がまだ寝ていたので、せっかくなら持ち帰りをと朝マックとともに持ち帰りにすることに。

朝のセット商品と、「スパイシーチキンマックナゲット」を買った後、お店の人に袋に入れてもらいます。
商品点数が多いせいで、ナイロン袋2袋に分けて入れてくれました。
片方はフード系を全部入れている袋。
もう片方はドリンクだけが入っている袋です。

で、普通に歩いて持ち帰っていたのですが・・・
歩いている途中に大変なことになっておりました。



ドリンクの一部がこぼれて、ナイロン袋の中にあふれている状態となってしまっておりました。
f:id:KEN-S:20181007184039j:plain

まさか持ち帰っている間に、ドリンクがこぼれるとは、思ってもみませんでした。

中を確認すると、ドリンクの方の袋は、紙製のトレーに固定されて、ナイロン袋に入れてもらっていたのですが、この紙製のトレーが中央が空いていて、四隅にドリンクをセットするような感じのもの。

本来は中央の空いている部分に、商品が入るのだと思いますが、今回は注文した商品が多かったせいか、袋が2つに別れております。
その結果、ドリンクの方の中央部は商品が何も無い状態。

で、ナイロン袋でそれを持ち上げると、袋で押さえつけられてドリンクが一斉に中央に傾いてしまうという状態に。

移動中に袋が揺れることで、ドリンクのフタがこすれて開いてしまい、中からドリンクがこぼれてしまうという状態になってしまっておりました。
f:id:KEN-S:20181007184106j:plain
フタ自体も何度も圧力がかかってこすれたせいか、割れている部分も見受けられます。

お店の店員さんとしては、1つにまとめると重くなるから2つに分けてくれたのだとは思います。
実際に私がお店のスタッフだったとしても、そうすると思います。

この場合、紙製のトレーの構造に問題があるのではないかと思ってしまいます。

マクドナルドでドリンク込みで商品を買おうと思えば、おそらくセットの商品を買うことが多いのではないかなぁと。
すると、セットの商品4つ分と、ドリンクを4つを購入した場合に、この紙トレーで想定されるだけの空白スペースに商品が全て果たして入るのかどうか・・・

朝マックでセットについてくる商品がハッシュドポテトの時でも、2つの袋に分けないと入らないぐらいにかさばっておりました。

ましてや、お昼のメニューでフライドポテトが加わった場合は、とても入りきれるとは思えません。

最初から2袋に分けることを考えると、紙トレーの構造としては、中央に隙間を作らずに、ドリンク4つだけを固定できるようにする方が良かったのではないかなぁと。

結局その後も注意して持ち帰りましたが、構造的にはどうしても無理があり、結局ドリンクの中身がかなり減ってしまいました。
f:id:KEN-S:20181007184128j:plain

商品を分けてもらっていたおかげで、ドリンク以外に被害が及ばなかったのが不幸中の幸いではありますが・・・

で、楽しみにしていた「スパイシーチキンマックナゲット」ですが、確かに前回よりも辛くなっておりました。
f:id:KEN-S:20181007184147j:plain

「ぶっ飛び激辛スパイシーソース」を選んだのですが、味がどことなくスイートチリソースっぽい感じ。

少し甘さを感じるのですが、後から喉にくるほどの辛さで、個人的には嫌いではありませんでした。

ナゲット自体の辛さはそれほどでもないような気もしますが、ソースのおかげでかなり辛い商品に仕上がっているのではないかなぁと。

舌で感じる辛さはそこまででもありませんが、喉に来る辛さなので、ドリンクがないとちょっと厳しいかもしれません。