読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

娘の一輪車

MONO 日常 家族

娘が小学生の頃、学校内で一時期一輪車がブームになり、女子はみんながこぞって学校で一輪車の練習をしておりました。
練習熱心な子は、学校に置いてある一輪車だけでなく、家でも練習するために、買ってもらったりして、乗れるようになっていました。

我が家の娘も、そのタイミングでどうしても一輪車が欲しいと言われ、トイザラスへ買いに行ったのはもう何年も前のこと。
それがいつの事だったのか、はっきりとは覚えておりません。

ただ、娘が自転車以上に練習して、乗れるようになり、ワンコの散歩に一輪車でついて来れるまでになったのを記憶しております。
そのおかげで、自転車よりも一輪車を使っている時間の方が長くて、一輪車の方が上手に乗れるぐらいの時期もありました。



iPhone で一輪車を乗りこなしている娘の姿を撮影した動画の日付は、2012年1月1日となっておりました。
それから3年以上の月日が流れ、中学生になった娘は、もう一輪車に乗る事はなくなりました。

つい先日も、小学生時代に乗っていた自転車が小さくて模様が子供っぽいからと買い替えました。ken-s.hateblo.jp
前の自転車は、ほとんど乗っていなかったこともあり、知人にそのまま譲りました。

あれほど熱中して、乗り回していた一輪車も、娘が成長するとともに、使われることはなくなり、我が家での役目を終えることとなりました。

今回もまだ乗れないことも無かったので、譲る人を探したのですが・・・
一輪車って、男子だとあまり乗らなくて、女子でもハマる子とハマらない子がいて、なかなか貰い手がないんですね。

結局、貰い手がないので、今回そのままゴミとして回収してもらうことになりました。

そして、先週末、廃棄用のシールを貼って、マンションのゴミ収集場所へ持って行き、我が家から一輪車はなくなりました。
f:id:KEN-S:20151129180844j:plain

子供用の乗り物は、成長とともに使わなくなることが多いので、経済面で考えると、買うのは無駄なのかなぁと思ったこともありました。
しかしそれでも、娘の運動神経というか、バランス感覚を養成する一助となってくれて、私たちの思い出として残ってくれているので、よく考えれば、買って良かったと思いますね。

広告を非表示にする