おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

学校で有事の際に体育館に集まるのは安全なのか?

先月末に富山県で発生した事件。

交番が襲撃され、拳銃を奪った犯人がそのまま小学校へと進入し、逮捕されたという事件。
mainichi.jp

警察官と、小学校の警備員の方が亡くなられたという痛ましい事件。

亡くなられた方々は、正義感と責任感が強かった方だったのではないかと思うと、非常に痛ましい限りで・・・
直接の面識はございませんが、お悔やみ申し上げますと共に、お二方のご冥福を心よりお祈りいたします。

この事件をニュースなどで見ていて、ふと思ったことが1つあります。

今回、犯人が拳銃を持って小学校に進入したとのことですが、その際に小学校に残っていた生徒達については、全員を体育館に避難させて、無事を確認したという情報がございました。

色んな災害や緊急時といった有事の際に、学校にいる生徒を体育館や運動場など、1カ所に集めるというのは、おそらくマニュアル化されて、学校ではそれが基本的な行動だとは思います。

おそらく、ほとんどの状況には、その対応が正しいのかもしれません。

ただ、今回のように、拳銃を所持した凶悪犯が学校に進入して来た場合の対応として、果たして生徒全員を1カ所に集めるというのは、正しい対応なのかなぁというのが個人的には少々疑問に感じました。



日本はアメリカと違って、銃は身近な存在ではないため、拳銃を持った凶悪犯が学校に襲って来るというような緊急事態はあまり想定されていないとは思います。

果たして、アメリカにもそういった有事の際の緊急マニュアルがあるのかどうかも分かりません。

ただ、拳銃を持った犯人が学校に進入してきた時に、生徒を体育館など1カ所に集めてしまうというのは、万が一そこに犯人が突入してきた場合に、逆に犠牲者を増やしてしまう可能性がある、非常に危険なことではないのかなぁと。

確かに、子供達を守る側の大人としては、守るべき対象の子供達を集めて全員を目の届く範囲で見守っておく方が守りやすいとは思います。

しかし、相手が拳銃を持っているとなると、学校に配備されている指叉程度では、守り切ることはかなり厳しくなってくるのではないかなぁと。

むしろ、各教室で内側から鍵をかけて、身を屈めて犯人に見つからないようにする方が安全なのではないかなぁと。

素人考えではありますが、そんなことを思ってしまいました。

日本は安全な国、拳銃を持った凶悪犯などほとんど遭遇することはないはずとは思っておりましたが、今回のようなことが今後もないとも限らないので、学校現場ではそういうことへの対応マニュアルを作っておく方が良いのではないかなぁと思いました。

学校の不審者進入時の危機管理マニュアルを探してみたところ、文部科学省のサイトに「学校への不審者侵入時の危機管理マニュアル」というものが見つかりました。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/01/20/006.pdf
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/01/20/007.pdf
ただ、これを見る限りでは、今回の学校が取った行動は、ここに書かれている対応とは違っておりますので、もしかしたら新しいマニュアルがあるのかもしれません。

ただ、さすがに銃器を持った凶悪犯に対応するマニュアルまでは存在していないと思われますので、国には早急にそういうものを用意してもらい、各学校で対応を徹底してもらいたいなぁと。

可能であれば、教師に対して、その場で臨機応変に対応方法を委ねるようなことは極力減らしてもらう方が良いかと思われます。
さすがに、拳銃を持った凶悪犯が身近に迫っている状況など、教師や我々一般人が遭遇することなどほぼ無い以上、臨機応変に対応することなどできないと思いますので・・・

学校における安全教育・危機管理ガイド

学校における安全教育・危機管理ガイド