おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

Macbook Pro 15(Late 2013)のSSDの換装欲求が再び

現在私が自宅でメインで使用しているPCは「MacBook Pro 15 Retina(Late2013)」。

SSD搭載で、起動自体は早いのですが、容量が256GBと少なめ。

そのため、SDカードスロットに挿して、使える「JetDrive Lite 360」の256GB版を購入したりもしました。

今でも装着して使っており、最低限のデータはこちらに退避しておりました。

仕事の関係で、普段はMacを使っているのですが、たまにWindowsでの確認作業が必要になることから、MacBook には BOOTCAMP でWindows7 も起動できるようにしております。
ただ、256GBのSSDの中にBOOTCAMP まで入れると、容量的に厳しくなるため、SSDの中には必要最小限の領域だけ確保して、Windows7のOSファイル自体は外付けHDDの中に入れております。

BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3

BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3

しかし、この方法では、以前も記事にしましたが、起動時に失敗したりするので、何かと不便。
ken-s.hateblo.jp

さらには、MacBook Pro 単体では、Windows7 の環境を利用できないというのも、なんだかなぁという気持ち。

そこで、内蔵SSDを容量の大きいものに換装して、MacBook Pro 単体で Mac OSWindows も利用できる環境が作りたいという欲求が、ことあるごとに盛り上がってくるのですが・・・
ken-s.hateblo.jp

内蔵SSDの価格を見ると、どうしても断念せざるを得なくなっておりました。

それでも最近になって、ようやく1TBぐらいで6万円を切るぐらいで売られているのを見ると、そろそろ頑張って買ってみても良いのかなぁと。

ちょうど、楽天市場でお買い物マラソンも始まっているし、この機会に買ってみようかなぁと思っておりました。


ポイントが還元されれば、実質5万円ぐらいになるので、買ってみても良いのかなぁと。 そんなことを考えながら、ここ2〜3日購入することを前提に、色々と検討したり、テストしたりしておりました。



まずは実際にSSDを「JetDrive 850」に換装するには、Mac OS を10.13(High Sierra)以降にアップデートする必要があります。

しかし、そうすることで、現在仕事で利用しているアプリが使えなくなるのは本末転倒。
なので、仕事で利用するアプリが、アップデートしたOSで動作するのか、調べたりしました。

私が仕事で使えなくなって一番困るのは、「Adobe Flash Professional CS6」でした。
調べて見ると、こちらはJavaをインストールしなおせば、動作することが確認できました。
なので、OSアップデートに当たっての支障はなくなったので、昨日のうちにOSをアップデート。
f:id:KEN-S:20190425204159p:plain

普段使っている他のアプリについても、概ね動作していることが確認できました。

実際には、「Adobe Flash Professional CS6」の起動が、以前よりも時間がかかるようになった感じですが、動作自体は支障がないようでした。

ということで、SSD換装計画への第一歩を進めることができました。

さて、いよいよ換装用のSSDを買おうかなぁとというところにきて、もっと安く入手できるお店はないかとインターネットで調べていると、「秋葉館」というお店で、ショップオリジナルの換装用SSDが販売されているのを発見しました。
www.akibakan.com

価格的には4万円を切るぐらい。
スペック的にも「JetDrive850」と変わらないぐらいのようです。

商品の構成としては、Windows などで利用できる NVMe対応のSSDドライブに、Macで利用できるアダプタがついた商品のようです。

なるほど、Mac専用のSSDとなると、Windows用のものよりも高くなってしまいますが、アダプタを利用すれば、安いWindows用の NVMe対応SSDドライブを利用できます。

とすれば、これは換装用SSDをもう少し安く収めることができそうです。

早速、アダプタを調べてみたところ、いくつかの種類が売られていることが判明しました。

最初はアダプタなので、どれでも同じだと思って、安い方のアダプタを買うつもりでした。

しかし、商品説明をよく見ると、このアダプタでは1TBには対応していないようでした。
なので、最終的には「ST-NGFF2013-C」というアダプタを注文しました。

ドライブの方は評価が高い「Samsung 970 EVO Plus 1TB」にしました。

いずれも本日注文したばかりなので、到着するのはゴールデンウィーク中の予定。
ゴールデンウィーク中に作業できれば良いかなぁと思っております。

ただ、注文してから気づいたのですが、「Samsung 970 EVO 1TB」を注文したつもりが、「Samsung 970 EVO Plus 1TB」になっておりました。
Samsung 970 EVO Plus」は今年発売されたばかりのモデルで、「Samsung 970 EVO 」よりもスペックは少し高いマイナーチェンジモデルのようです。

前モデルの「Samsung 970 EVO 1TB」については、換装実績も見つかったのですが、「Samsung 970 EVO Plus」は、MacBook Pro では動作しないという情報があったりして、少々不安になっております。

とりあえず、すでに注文してしまった以上、到着して換装してみるしかないのですが、果たしてどうなるのか、少々不安だったりもしております。
※その後、発送前に「Samsung 970 EVO Plus 1TB」はキャンセルすることができました。
そして、Joshin にて「Samsung 970 EVO 1TB」を注文しました。

機会があれば、換装についても記事にしたいと思っております。