おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

PS4「Assassin's Creed IV Black Flag(アサシンクリード4 ブラックグラッグ)」をプレイ開始

先日、エンディングを迎える事ができたPS4「Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ ドーン)」。
ken-s.hateblo.jp

クリアしてからも何となくプレイし続け、結局DLCの「凍てついた大地」も最後までプレイしてしまい、十分に堪能させてもらいました。

ということで、次に何をプレイしようかと購入済みのゲームを物色。

季節は夏。
夏と言えば海。
ということで、ダウンロード版を購入していたPS4Assassin's Creed IV Black Flag(アサシンクリード4 ブラックグラッグ)」をプレイしてみることに。

以前、PS3で「Assassin's Creed Brotherhood(アサシンクリード ブラザーフッド)」をプレイして楽しかったことから、「Assassin's creed(アサシンクリード)」シリーズは他の作品についてもプレイしてみたいと思っておりました。
ken-s.hateblo.jp

同じシリーズでありながら、プレイヤーキャラクターの立場は「アサシン教団」の一員ということは共通ですが、活躍する時代や場所が毎作で異なっており、この「Black Flag(ブラックフラッグ)」では、プレイヤーキャラクターはアサシンでありながら、海賊でもあるという感じの立ち位置。

なので、シリーズと押してのフリーランニング(パルクール)要素に加えて、海賊船に乗って海を航行しつつ、敵船との戦闘があったりするという、なかなか壮大なゲームらしいです。

しかも、オープンワールドで行き来できるフィールドはかなり広いとのこと。

とりあえず前情報としてはあまりない状態ですが、早速プレイを開始してみることにしました。
f:id:KEN-S:20190815201639j:plain



ゲームを開始すると、船の上からスタートです。
f:id:KEN-S:20190815201827j:plain

操作チュートリアルを兼ねて、船の舵輪へと向かいます。
f:id:KEN-S:20190815201927j:plain

そして、船での操作のチュートリアルを兼ねたミッションです。
f:id:KEN-S:20190815202023j:plain

船の大砲を使って、他の船を沈めます。
f:id:KEN-S:20190815202100j:plain

ミッションを進めると、自身の乗っていた船も沈没してしまいデモムービーへ。
f:id:KEN-S:20190815202340j:plain

そして、燃え盛る船の合間を縫って、陸へと泳いでいきます。
f:id:KEN-S:20190815202426j:plain

ミッションを受けると、そのミッションの目的地の方向が画面上に表示されるので、そこに向かえばゲームを進めることができます。
f:id:KEN-S:20190815202539j:plain

プレイしてみると、主人公(ケンウェイ)はどうやら海賊のようでした。
f:id:KEN-S:20190815202614j:plain

その後、陸に上がってアサシンの一人と出会い、そのアサシンを追っていきます。
f:id:KEN-S:20190815202700j:plain

陸に上がると、シリーズ共通のフリーランが行えます。
f:id:KEN-S:20190815202747j:plain

そして、高所にあるシンクロポイントで、シンクロすることで、周辺のマップが明らかになるところも、シリーズ共通です。
f:id:KEN-S:20190815202859j:plain

f:id:KEN-S:20190815203039j:plain

そして、アサシンを倒し、最終的には彼になりすましてゲームを進めて行くことになります。
f:id:KEN-S:20190815203010j:plain

f:id:KEN-S:20190815202959j:plain

フィールド上には、宝箱やアニムスの断片、マヤの石像などのイベントが点在しております。
f:id:KEN-S:20190815203208j:plain

f:id:KEN-S:20190815203225j:plain

f:id:KEN-S:20190815203246j:plain

マヤの石像では、簡単なパズルをプレイすることで、収集アイテム(マヤの石)を入手できます。
f:id:KEN-S:20190815203317j:plain

宝の地図なども入手できます。
f:id:KEN-S:20190815203804j:plain

その地図を頼りに、ポイントを探します。
f:id:KEN-S:20190815203848j:plain

そのポイントには、宝箱が埋まっており、掘り出すと中身を入手できます。
f:id:KEN-S:20190815203937j:plain

野生生物を狩って、その素材を入手することもできます。
f:id:KEN-S:20190815203422j:plain

入手した素材で、アイテムの製作も行えます。
f:id:KEN-S:20190815205533j:plain

その後、船を入手するために敵を倒します。
f:id:KEN-S:20190815203537j:plain

敵の数が多いですが、高い草などに隠れて、こっそりと暗殺して少しずつ戦力を削いでいきます。
f:id:KEN-S:20190815203640j:plain

タカの目を使うと、敵を自動マーキングし、マーキングした敵は障害物の向こうにいても状態を見ることができます。
f:id:KEN-S:20190815204933j:plain

数が減れば、そのまま戦うことも可能です。
f:id:KEN-S:20190815203725j:plain

そして、敵を倒して商人を救出すると、船を操船してハバナへと向かいます。
f:id:KEN-S:20190815204037j:plain

最初の湾から脱出すると、現代へと一旦戻ります。
f:id:KEN-S:20190815204135j:plain

この辺は、シリーズ共通で、現代(未来?)の機械を使って、昔のアサシンゆかりの人物の謎を解いていくという内容です。
今回は「アブスターゴ」という会社の社員で、過去をバーチャル体験しているということのようです。
f:id:KEN-S:20190815204359j:plain

そして、再び過去に戻ると、ハバナに到着しておりました。
f:id:KEN-S:20190815204508j:plain

ハバナでも同様に、フィールドを探索したりしながら、ミッションをクリアしていきます。
f:id:KEN-S:20190815204618j:plain

マップも最初の島よりもかなり広くなりました。
f:id:KEN-S:20190815204652j:plain

「暗殺コントラクト」などのサブミッションも用意されております。
f:id:KEN-S:20190815204749j:plain

話を進めて行くと、主人公が倒したアサシンは、教団を裏切って、敵(テンプル騎士団)に寝返った人物であったことが判明します。
f:id:KEN-S:20190815205026j:plain

その後、紆余曲折の末、船を入手し、いよいよ海賊として活躍開始となります。
f:id:KEN-S:20190815205135j:plain
f:id:KEN-S:20190815205331j:plain

ストーリーを進めていくと、プレイヤーのせいで、各地に点在するアサシン教団のアジトがテンプル騎士団にバレて、非常に不利な状況を引き起こしてしまいます。
そして、その尻拭いをするために、アサシン教団に協力していくというような感じのお話でした。

陸上での操作感は、以前プレイした「Assassin's Creed Brotherhood(アサシンクリード ブラザーフッド)」と同様に、パルクールでの移動や、暗殺行動など、ほぼ同じような感じ。

ただ、建物や壁といった人工物については、上れる場所が分かりやすいのですが、上陸する島によっては、建物がなくて自然物(崖や岩)が多かったりして、それらについては上れる場所の判別が少々しづらくなっておりました。

陸地以外に、今作は海賊船での海上移動が加わっております。
f:id:KEN-S:20190815210047j:plain

船で移動しつつ、無人島や集落へ立ち寄るという感じのゲーム進行です。
f:id:KEN-S:20190815210102j:plain

船は素材やお金を使って、アップグレードすることでより強化することができます。
f:id:KEN-S:20190815205834j:plain

アップグレートは、各部ごとに何段階かずつ強化できます。
f:id:KEN-S:20190815205927j:plain

船での移動中に、他国の船に攻撃を仕掛けて、船での戦闘もあります。
中立地帯の場合は、こちらから仕掛けない限り、相手から攻撃されることはないようです。
(但し、手配状態になると、ハンター船が襲ってくるようです)

また、海上にも陸地同様に警戒地域があり、そこに入った場合は、敵船に見つかるとすぐに攻撃を受けてしまいます。

敵船に一定レベルまでダメージを与えると、乗り込むことができます。
乗り込んだ後、特定の条件(敵兵を規定数倒す・旗を落とす・荷物を破壊するなど)をクリアーすると、その船を奪うことができます。
f:id:KEN-S:20190815205409j:plain

奪った船は、最初は解体して自分の船の補修にしか使えません。
f:id:KEN-S:20190815205432j:plain

しかし、ゲームの進行によって、プレイヤーの手配度を下げたり、自分の交易艦隊に加えたりすることができるようになります。
f:id:KEN-S:20190815210439j:plain

自分の艦隊に加えると、フィールド移動には出現しませんが、プレイヤーとは別行動で、貿易を行わせたり、その交易路を安定させるために戦闘させたりすることができます。
f:id:KEN-S:20190815210317j:plain

船の戦闘画面は、どことなくコマンド入力式のRPGっぽい画面です。
f:id:KEN-S:20190815210349j:plain
ただし、参加させる艦船を選ぶと、後はほぼオートで進行します。

行動速度の早いものから順に、敵艦へ攻撃を行うという感じで自動的に進行していきます。

海なので、陸上と違って、島以外にイベントを作るのは厳しいかなぁと思っておりましたが、海上に物資が落ちていたり、遭難している人がいたり、破損している船(物資が回収できる)がいたりして、案外色んなイベントがありました。
f:id:KEN-S:20190815205638j:plain

また、さらにある程度ゲームを進めると、サメやクジラを捕獲できたり、海底の難破船を物色できたりするようです。
f:id:KEN-S:20190815210558j:plain

プレイを開始したばかりですが、陸上と海上を行き来でき、フィールドもかなり広くてなかなか楽しめそうな感じ。
当分はこのゲームをプレイすることになりそうです。