読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

「うまかっちゃん 海老みそとんこつ」を食べてみました

どこの家にも多分あるとは思うのですが、袋入りのインスタントラーメンの買い置き。
何も無い時に重宝するので、我が家でも何種類かの袋入りインスタントラーメンが常備されております。

我が家で買っているのは、大抵銘柄が決まっていて、日清焼そばと、うまかっちゃん

うまかっちゃん オリジナル 5個パック

うまかっちゃん オリジナル 5個パック

日清焼そば主に妻のお気に入りで、うまかっちゃんは娘のお気に入り。

先日、妻が「うまかっちゃん」の新しい「味海老みそとんこつ」というのを見かけて買って来ました。

まぁ、新しい味なので、そのうち食べてみようかなぁと思って油断していたら・・・

息子と妻が食べて、かなり美味しいとわかり、そこに娘が参加してこれまた美味しいと・・・
気付いた時には、5袋パックだったラーメンが、いつの間にか1袋しか残っていない状態に。

その1袋も、妻が何とか確保してくれたものだそうで、油断していたら息子に食べられてしまうところだったとか。

我が家では妻と私は味の好みが比較的似ており、息子も結構近い感じ。
しかし、娘だけは味の好みが少し違っていて・・・

例えば、「きのこの山」と「たけのこの里」で言うと、妻と息子は「たけのこの里」派で、娘だけは「きのこの山」派。

明治 きのこの山 74g×10個

明治 きのこの山 74g×10個

明治 たけのこの里 70g×10個

明治 たけのこの里 70g×10個

というぐらいに好みが違っております。

それにも関わらず、娘までがこの味に賛同するというのは、なかなかに珍しいこと。
そうなると、かなり期待が持てるということで、なかなか食べる機会が無かったのですが、本日ようやく残った最後の1袋を食べてみることにしました。

パッケージはいつものうまかっちゃんとほとんどイメージが変わらない感じです。

「海老みそとんこつ」の文字が大きめで目立っております。

カロリーはこれ1食(94g)で411kcalです。

開封すると、麺の塊と粉末スープの袋が1つというシンプルな構成です。

さっそく調理を開始します。


お鍋にお湯(550ml)を入れ、沸騰させ、麺を煮込んで行きます。
煮込んだ後、火を止めて粉末スープを入れると完成。

普段は鍋でそのまま食べたり、卵を落としたりするのですが、とりあえず記事用の写真を撮るためにラーメン丼に入れてみました。
具材も一切追加しない状態です。

鍋から丼へ移している間にも、スープがすでに海老の香りで、なかなか食欲をそそられます。

では、早速食べてみます。

食べるとすぐに、海老のコクというか香ばしさが口の中に広がります。
味にもしっかりと海老の甘みが効いていて、なかなかに美味しい。

パッケージにはとんこつのコクとありますが、あまりとんこつの味は感じませんでした。
それでも、ちゃんとコクは感じられる出来です。

麺を食べ終わった後、スープが残ったのがもったいないので、最後にご飯を追加してスープまで完食してしまいました。

名前の「海老みそとんこつ」がどこで区切れるのか、食べる前に少し疑問に思っておりました。
「海老みそ」+「とんこつ」なのか、「海老」+「みそ」+「とんこつ」なのか・・・
結局、食べた後も分かりませんでしたが、「海老」の味だけはしっかりとあるので、海老好きの人は是非試してほしい感じです。

あと、もし調理するなら、水は書かれているよりも少し少なめがオススメです。
今回は調理方法の通りに作ったのですが、水が少し多めで味が薄く感じられたので、水の量は少なめの方が良いかもしれません。

追加で買い置きしておきたい感じですが、近くのスーパーには売られていなくて・・・ネットで注文するしかないのかなぁと。
ただ、わざわざ袋麺だけを買うのも何だかなぁという感じなので、できれば近くのスーパーでも取り扱ってほしいなぁと思っております。