読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきらく・ごくらく日記

野鳥とゲームとデジタルガジェットの日々

カップヌードルライト+「海老のビスク」を食べてみました

食べ物 日常 ダイエット

本日はコンビニにて久しぶりのダイエット用のカップ麺を食べてみました。

食べたのはカップヌードルライトプラス「海老のビスク」です。


以前、私が集中的にダイエットしていた時には、結構お世話になっていたカップヌードルライト+シリーズの商品です。
ken-s.hateblo.jp
ken-s.hateblo.jp
ken-s.hateblo.jp
ken-s.hateblo.jp

そのシリーズの中で、発売していることは知っていたのですが、まだ食べた事がなかった「海老のビスク」を食べてみました。
f:id:KEN-S:20160425224313j:plain

パッケージには、「海老と野菜のクリーミースープと短めヌードル」とあります。
f:id:KEN-S:20160425224334j:plain

カロリーは、ほかのカップヌードルライト+シリーズと同様に、これ1食で198kcalです。
f:id:KEN-S:20160425224355j:plain

お湯を注いでから3分後、フタを開けてみます。
少しお湯の量が多かったのか、中の具材がお湯に浸っていて、麺の姿があまり見えませんでした。
f:id:KEN-S:20160425224427j:plain

見た目的には、赤色っぽいので、どことなく辛そうな感じもしますが、海老のビスクなので、辛くはないはず。

少し中身を混ぜてみると、麺や具材が表面に現れます。
f:id:KEN-S:20160425224445j:plain

カップルードルライト+シリーズ同様に、結構具材は大きめです。
ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ、キャベツなどが入っております。



さて、実際に食べてみた感想です。

スープは赤色で辛そうな見た目とは全く異なり、海老のうまみを含んだ、クリーミーで少し甘さも感じる優しい味。
赤いのはトマトと海老のせいで、スープの味がそれを如実に語ってくれます。
なるほど、そういえば海老のビスクって、こういう味だったなぁと思い出させてくれます。

野菜は大きめで歯応えあり、野菜の量も多目です。

麺は短めと書かれていましたが、普通のカップヌードルの麺とそれほど違いを感じませんでした。
ただ、カップヌードルの麺自体がとろみのあるスープに絡みやすい麺なので、この「海老のビスク」も麺をすするだけでスープが一緒に口の中に入って来て、海老の香りとクリーミーなスープが楽しめます。

これは、シリーズの中でもかなり美味しいのではないでしょうか。
これまでに食べたカップヌードルライト+シリーズの商品の中では、個人的には1、2を争うほどの好きな味でした。

というか、これだけクリーミーで、ミルクが入っているっぽいにも関わらず、カロリー数が198kcalしかないという事自体が驚きです。
ミルク=カロリー高めと思っていたのですが、カロリーを抑えつつもこれほどの味が出せるんですね。

日清の商品開発力には、本当に驚かされます。
海老が嫌いでなければ、是非味わってみてもらいたいオススメのカップ麺です。